インド 神の住む町:バンガロール

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

若い友人の結婚式に…とバンガロールへ出かけたのは4月中旬のこと。
標高920mのここは 年中クーラーなしで過ごせる気候の良いところ、と訊いていたが、
この時期のバンガロールをデリーと比べると
少し気温が高く、花の咲き方も1週間から10日ほど早い感じ…
つまりバンガロールの方が先に夏に近づいている感じだった。

カルナータカ州の州都であるバンガロールは
インドのシリコンバレーと言われている。 ので 近代都市?を想像して行った…が…。

私の宿泊先は旧市街に当たるのだろうか…碁盤の目の中にあった。
この辺りは道幅が狭く、街路樹の下に多くの露店が並んでいる。
花を商う店が圧倒的に多い。
店番をしつつ…南インドの女性が髪に結ぶ香りのよい花(ジャスミン)を
一輪づつ糸に通す…なんとも根気のいる作業をする女性達が座して並ぶ。
神様に奉げる花、ヒンデューの儀式に使うバナナやマンゴーの葉を売る店が並ぶ。
d0068551_1421578.jpg

信仰が根付いている!?
その上、街中の寺院で こんな姿を垣間見たら…(一周忌のための儀式とか…)
この街全体が信仰の中にあるかのような錯覚を起こす…
d0068551_1352140.jpg

日本で…浅草の浅草寺付近しか歩かなければ、東京の印象が違うように、
私の滞在先が偶然そうだったのだろうが…
神様と一緒に住んでいるかのような…この穏やかな街がすっかり気に入った。

この街で結婚した二人は きっと神の大きな祝福のもと幸福になるに違いない…

識字率 インド第2位
人口 インド第3位
人口増加率は 2001年から2011年の10間で46.68%、年平均で約3.9%とインド第一位 
バンガロールは「茹でた豆の街」? 
ウイキペディアより
[PR]
# by sapnabb | 2014-05-24 01:28 | ★インドよりメッセージ

インドの樹:波羅蜜(ハラミツ)

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

散歩している時に…
民家の狭い庭先に「ジャックフルーツ」が生っているのに気付きギョッとした。

これもインド辺が原産らしいが、
この実に限らず、時に、この辺りの実の生り方は 幹から直接、
まさに「ニョッキリ」と生え…そのダイナミックさに圧倒されるような思いがする…。
d0068551_2356626.jpg

私はこの実を見るとジャックとの名からの連想なのか、
「ジャックと豆の樹」の「鬼の棍棒」(鬼が持ってたよね?)を条件反射のように思い出す。
だってこれで殴られたら本当に痛そうだもの…
d0068551_23585743.jpg

世界で一番大きな果物と言われ、40~50キロになるものもあるそうだ。
…成人が木にぶら下がっているようなものだねぇ…
d0068551_00183.jpg

北インドではこれを料理して食べることが多く、
南インドのバンガロールで、私は初めてフルーツとして道端で食べた。

花の時期を知らず…残念…
[PR]
# by sapnabb | 2014-05-23 23:59 | ★インドよりメッセージ

インド・リシケシの犬

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

リシケシのレストランに行くと、よく犬が寝そべっている。
飼い犬?と訊くと…否と…
だけど「名」はある…
我が家のようにしていても 餌は誰彼から調達してるんだって…。
人と犬の距離がすごく近い感じ…。

ある子犬が軽トラックにひかれた時…
それを見た人達が10Rsや50Rs…自分が出せる金額を出し合って
獣医さんに見せたことで…彼は命拾い。
だけど彼の下半身は動かないまま…
丁度雨期に入り、彼は濡れ鼠で…傷口が化膿していたって…

皆心の中で誰かが助けてやってくれないか…って祈っていたって…

そのうちの一人がついに我慢?しきれずに自宅に連れ帰ったって… 
そしたらその人の元に…
この薬を使ってくださいってわざわざ持って来てくれる人がいたり
助かってよかった…と感謝しつつ彼に会いに来てくれる人がいたり…したって

この強運を持った犬は「ハロー」ちゃんと名づけられ
お腹に布を回し それで下半身を吊上げてもらって 
毎日、1時間以上も前足だけで散歩…元気だって!!

きっとインドだけではなくこうした話は世界中にあるんだろうけど…
私は信仰の町、神に近い町リシケシならではの話のように聞いた…。
d0068551_22173078.jpg

これはハローちゃんじゃない。リシケシの猿。犬に限らずここでは猿と人との距離も近い。
[PR]
# by sapnabb | 2014-05-23 22:20 | ★インドよりメッセージ

サプナ通信 3月号 2014

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

日本はそろそろ桜の頃でしょうか?
ホーリー(3/17)が終りデリーも急速に気温が上がりだしています。

先日、知人の案内でオールドデリーに出かけ、ヒンデュー寺院にある
日本製の「マジョルカ タイル」なるものを見せて頂きました。

100年近く前に 英国のそれを模して 
主に美濃辺りで焼かれた凹凸のあるそのタイルの製造は 
大変手間の掛るもので、当時は非常に高価な品だったそうです。

情報の限られた時代に クリシュナやシヴァ神、
あるいは目にしたこともない花々を絵付けしたり 焼いたりしていた人々は…
インドをどのように思い描いていたのでしょうか? 

デリー辺りでは 
寺院のみではなく、家の外壁にはめ込まれていたり…と…
今もあちこちで結構目にすることが出来るそうです。

一緒に覗いてみませんか? 100年前の日本人のインドを…。
d0068551_013381.jpg

[PR]
# by sapnabb | 2014-04-27 00:13 | ★インドよりメッセージ

インド 第三の性:ヒジュラ

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

賑やかな太鼓の音に誘われて表に出ると…
途端に…音楽が止み 
丁度その家から出て来たヒジュラと鉢合わせ。

私は…
こんな綺麗なヒジュラを見たのは始めて!!
胸も大きく髭もない!!

大慌てで…写真を撮ってもいい?
私のブログやfbに載せてもいい?と訊くと…
TK(OK)!!

ヒジュラになるために去勢手術を受けることはあるが、
性別適合手術を受けることはない…と書いてあったりするが
手術受けてるよね!? 

前の家の結婚式に乗り込んできていた彼ら…否、彼女ら…。
興味本位に…いくら貰ったの? と近くの誰彼に訊くと…。
5万ルピーも!! 大卒の初任給を超えるご祝儀!?を貰ったって!!

なぜこんな大金を払うか…って…
彼等には子供を授ける力があると…信じられている…
つまり彼らに逆らうことで彼らに呪われ、
子供が授からないと困るから、と言うことらしい。
d0068551_21582284.jpg

ヒジュラまたはヒジュラ―:
南アジアにおいては、男性でも女性でもない第三の性を意味している。
ヒンディー語・ウルドゥー語では「半陰陽、両性具有者」を意味する。
殆どが性別適合手術は受けないが、
「真の」ヒジュラーとなるために去勢を受けることがある。
ヒジュラーは
導師たるグルと弟子たるチェーラの間の関係に特徴づけられる。
彼等は「ヒジュラーの家族」となる過程を通して次第に女性的になっていく。
グルはチェーラに自身の姓を与え、自分の娘の様に扱い、構成員はお互いを女性名で呼び合う。
チェーラはグルへ自分の収入を施し、
通常は3人から15人ほどでひとつの家庭のように生活している。
ウィキペディアより
d0068551_21571116.jpg

[PR]
# by sapnabb | 2014-02-15 21:58 | ★インドよりメッセージ

サプナ通信(13)1月号  2014年1月23日

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

謹 賀 新 年
年賀状はお書きになりましたか? 
それともメールで気持ちを伝えられましたか? 
最近…ハガキ一枚書くことがなくなっているくせに、
メールのそれは味気ないように思う自分がいます。
「サプナ通信」にしてもPCだから可能なことだと承知しながらも、
自分の思い?が零れていくような思いが残ります。
その上、昨年末のような大失敗が一瞬におこるのも便利さの牙。
その節は、皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。
ご容赦くださいますようお願い致します。

…思えば「もろ刃の剣」は日常の中に沢山潜んでいます。
安心と惰性。便利と人間性…等々・・・。
サプナ最後の一年をお客様により気持ちよくお過ごしいただけように、と…
それが空回りし、もろ刃の剣になりませぬように…と心を引き締めているところです。
最後の一年、どうぞ、どうぞよろしくお願い致します。 
d0068551_20295762.jpg

皆様にとってより良い年でありますようお祈り申し上げます。
[PR]
# by sapnabb | 2014-02-06 20:30 | ★インドよりメッセージ

インド 邪視

一帯にデリーの町は活動開始時間が遅い。
一部…コンビニ?風のお店を除いて、大体お店の開店時間は10時半から11時くらい。
しかもこの時間から営業開始と言うより、
やっと目覚めて…まず店先での1杯のチャイから始まる様子。

12時頃サロジニナガールマーケットを歩いていたら、「邪視除け」売りに遇った。
毎朝、契約した家なり商店なりに配達されるものだ、と思い込んでいたので…
嬉しい遭遇…だったのは…今日が土曜日だかららしい…。

手伝いのおばさんによると…
一般家庭は土曜日に
土曜日の神様:ヴィシュヌ神のためにこれを門口に飾るのだそうな…
*説明を受けたが、邪視除けとの関係がよく理解できない…ごめん…。!
d0068551_19545255.jpg

家の前の壁に鬼の面を掛けたり
トラックやオートリキシャなどの車体の後ろに
古サンダルをブル下げたり靴の絵を描いたり…
様々な「邪視除け」があるようだが、商店の門口に多く見かける…
上から唐辛子3本、レモン1個を挟んで、又、唐辛子4本のこの邪視除けが私は好き…。 
清々しい色彩、生鮮で しかも 身近なもので作られているのも…いい!!
人の嫉妬心などの邪視も除けてくれるだろうが…
これを目にすると、何となく元気が出てきそうな気がする。
d0068551_19524641.jpg

自分で作るものだと思っていた…と言われ…
そうだったかも…否、今もそうなのかもしれない…と思い至っている。
d0068551_19562861.jpg

因みにこれは1個10RS。
お金のことを言っては神様?に申し訳ないけど…薄利だよねぇ…。
[PR]
# by sapnabb | 2013-12-30 15:14 | ★インドよりメッセージ

インド音楽

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

パハルガンジーと言うニューデリー駅前の旅館街で
日本人若者2人が「カマルカクリ」(蓮根)と言うブックカフェを営業開始。
昨夜はそこで、インド伝統楽器の演奏会があった。

直に音に触れるのは楽しい!! 

バンスリー(横笛)東欧
サーランギー(弦楽器)日本
タブラ(打楽器)インド
d0068551_12542599.jpg

クリシュナの横笛ってこんなに長かったのか?と驚き、
初めて聞いたサーランギーの哀愁を帯びた音に魅了され
タブラの自在さに感激。
そして…演奏者の多彩なのは…思いも掛けなかった。

穴が開いていて見通しがいい…めでたい…と言われる蓮根をその名にした
若い彼らの前途が輝きますように!! 又、楽しい企画を期待しよう…。
[PR]
# by sapnabb | 2013-12-23 12:54 | ★インドよりメッセージ

デリー サプナの衣替え?

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

寒くなり…サプナのリビングは やっと秋冬用に色変わり…
d0068551_0572299.jpg

少し暖かく感じて頂けたら…嬉しいけど…。
[PR]
# by sapnabb | 2013-12-20 00:58 | ★インドよりメッセージ

インド・デリーの商売!? 地図売り

インド・デリーでのお泊りは日本人経営だ安心のサプナへ

ここのところ偶然続き…。
犬も歩けば…否、おばさんも動けば何かにぶつかるんですねぇ…。

違う日、違う場所で拾ったオートリキシャのおじさんが同じ人だった。

一日づつ違いで誕生日の人が三人もそろった。

そして今日…
出掛けの信号で止まった時に 地図売りに出会った。
魔が差した? 興味もないのに つい値段などを尋ねてしまった…。
60RSから始まり 50、40RSとなったところで信号が変わりバイバイ。

数時間後、用事が済み、違うルートで帰宅すべくオートリキシャに座っていると…
又、赤信号で停車。
ふっと顔を上げると さっきの地図売りが立っている。
私はこの偶然にすっかり気をよくし、必要もないのに!!買う気満々になってしまった…。

しかし そこはそこ!!
また60RS!!から交渉が始まり…
信号が変わると、彼は動き出したオート…運転手の横に乗り込んできた。
d0068551_051232.jpg

結局、40RSで購入したこの地図は空港などで無料配布しているもの。
しかし彼の悪びれないところがいい…こんな笑顔に遇ったら…
こんな日があってもいい…と…思っちゃうよね…。
[PR]
# by sapnabb | 2013-12-20 00:51 | ★インドよりメッセージ