サプナ通信 11月号 2013

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

気が付けば…今年もあと1 ケ月半で終わりですね。
時間感覚は年齢に比例するのか…
私には年々…1 年が短くなっていくように感じられます。

私事ですが…インドでの滞在も余すところ1 年となると…
インドにいる間にじっくり経験しておきたいことがあったりします。
d0068551_5275443.jpg
その一つが「アーユルヴェダ」。
効果をより実感するには最低1 週間は入院した方がよいそうです。
とりあえず短期入院をしてみて…
インドでのこんな時間の過ごし方もあるんだなぁ…と…
しばし心の安らぎを得ています。
皆様も是非お時間を作って…お試しあれ!!
[PR]
# by sapnabb | 2014-06-29 05:28 | ★インドよりメッセージ

サプナ通信 第一号  2012年11月21日

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

お久しぶりでございます。
お元気でいらっしゃいますか?

サプナも9年目に入ろうとしています。

この間…さまざまなお客様との出会い、
又、手伝い君達との付き合い…いろいろなことがありました…。

●シャンカルはやめて1年になります。
今はジャールカンドの自宅に家族と住み、
バン2台を所有し、村の私設交通機関をしているそうです

●ランジットは今年の2 月に結婚し、
奥さん(14 歳?15 歳?)と一緒にサプナの上に住んでいます。
学校にはもう行っていません…。

●ジェームスを覚えてらっしゃる方はいらっしゃるでしょうか…
料理上手なジェームスは独身で、今、サプナを手伝ってくれています。

コロ太はこの8月末に15年半の犬生を全うしました。

この12 月1 日からサプナは9 年目を迎えます。
これを機にサプナ通信を発行することにしました。

メールアドレスの整理が不十分で、
宿泊の問い合わせを頂いただけの方、あるいは出張でご利用頂いた方、
あるいはご不快に、あるいはご迷惑にお感じになられる方々いらっしゃることと…
勝手な配信をお詫び申し上げます。
甚だ勝手なお願いで恐縮ではございますが、
その旨ご一報(カラメールなど…)いただけましたら、有難く、助かります。
では、寒さに向かい、どうぞくれぐれもお元気でお過ごしくださいませ。
d0068551_565344.jpg

[PR]
# by sapnabb | 2014-06-29 05:07 | ★インドよりメッセージ

サプナ通信 2月号 2014

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

節分、立春を過ぎてから大雪に見舞われた日本で…
皆さまはその日をどのようにしのいだのでしょうか?
お風邪など召していらっしゃいませんか?

さて、節分には豆を撒きましたか?
最近では「恵方巻き」の方が一般的なのかしら?
少し前までは、豆を撒いて厄(鬼)を払い、邪気除けに「柊鰯」を飾りましたが…
日本人はこの「鬼」に「人」を含んで考えているのでしょうか?

「人」の邪視が全ての厄を招くと考えるインドでは 家の前に鬼の面を飾ったり、
幼児の顔に墨をつけて、その子が完全じゃないように見せることで、
人の妬み(厄)が降りかからないようする…等々…様々な「邪視除け」があります。

色々な邪視除けの中で私は殊に「唐辛子とレモン」が気に入っています。
身近なものだし新鮮だし色も鮮やかで…見ていると元気が出てくるような気がします。

鬼に人を含むか、は、とても大きな違いに繋がっているように感じます。

これが店先などに飾られているのを目にすると、
人の邪視(悪意)を除ける、と言うより…
生活を守る、暮らしを慈しんでいるように感じます。

日本にはない風景では???
インドへいろんな邪視除けを探しに来てみてください!!
d0068551_4391886.jpg

[PR]
# by sapnabb | 2014-06-29 04:41 | ★インドよりメッセージ

サプナ通信 4月号 2014

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

新年度、新学期を迎え、
生活の変化も多いこの季節を皆様いかがお過ごしでしょうか? 

デリーは初夏に入りました。

先日の新聞の一面に「アマゾン インド 上陸」の全面広告。
かなり前から通販の広告は頻繁に目にしていたし、
Fbでも商品がちゃんと届いたよ…のUPを読んだりしていたけれど、
この広告にインドの消費社会への移行を改めて意識させられた思いがしました。
まだ電気がない村々に 
既に十分すぎるほど普及しているスマートホォンを通して、
これらの商品はどのように浸透し、彼等の生活はどのように変化していくのか…。
世界中が同じになる日が来るのかな…との感傷に襲われます。
今のインドを見に来て下さい!!
d0068551_4282659.jpg

[PR]
# by sapnabb | 2014-06-29 04:28 | ★インドよりメッセージ

サプナ通信 6月号 2014

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

日本は梅雨明けしたのでしょうか?
デリーは連日40 度を超す日が続いています。
暑さ慣れしているつもりの私でもこの暑さには音を上げ、
数日をカシミールのスリナガルに逃亡していました。

その昔は地上に天国があるとしたらそれはカシミール…と言われたそうです。
今は…街中に、そして丘陵に4~5mおきくらいに銃を構えた兵士が立ち並び…
インドが抱えている問題をまざまざと見せつけられるような思いがしました。

一方で…櫂の音を響かせて湖を滑る小舟。
青々と聳え立つ大木。
春を待ち焦がれいっせいに咲き出したかのような花々。
人々の営みがあり…切り取れば完璧な一枚の絵…「天国」でもありました。
涼を求めて訪れるインド人家族で溢れる街でもありました。

ここでの私の実感は…ただただ…インドは「広い」なぁ…と…。
増々インドのあちこちに行ってみたくなっています。ご一緒しませんか…。
d0068551_4153540.jpg

[PR]
# by sapnabb | 2014-06-29 04:15 | ★インドよりメッセージ

インド:リシケシのアシュラム滞在 3 (食事)

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

アシュラムでの食事は完全インド食でベジタリアン。
食器を取りに行き、食堂へ行くと 食事を配ってくれる人たちがいる。
各食事の前に その場にいる人達で 食事のマントラ?を唱えてから食事開始
おかわりは自由。前のテーブルまで貰いに行く。
各自食事が終わった順に出て、食器を洗い、元のところへ戻したら…終わり。
d0068551_0535085.jpg

朝食(8時から)シリアル系の一品とチャイ
d0068551_0545063.jpg

昼食(12時から)昼食時のみに果物が付く
d0068551_0554540.jpg

夕食(20時から)ご飯、チャパティ、野菜のおかずと豆カレー、野菜サラダ、スープが付くこともある。
d0068551_0564044.jpg

スパイスが全くと言っていいほど効いてなくて食べやすい。美味しい…。
[PR]
# by sapnabb | 2014-05-30 00:59 | ★インドよりメッセージ

インド:リシケシのアシュラム滞在 2(時間割)

インド・デリーのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ
d0068551_18421950.jpg

アシュラムでの時間割
4:45 起床 
5:15~6:15 瞑想 
6:30~7:45 ヨガ 
8:00~ 朝食
9:00~11:00  図書館(自習) 
12:00~ 昼食 
15:15~16:00  講義 (質問の受付等)
16:00~ お茶
16:30~17:45 ヨガ 
18:00~19:00 瞑想 
19:45~ 夕食
20:30~21:30  (週2回:楽器演奏会あり)

起床や各食事、お茶の時間は鐘を鳴らして知らせてくれるが、
ヨガや瞑想の開始にとくに合図はない。
その場所に行くと先生がいらして…だいたい時間通りに開始していた。

数十年前にヨガを習っていたことがあって…
何処かでその時の自分を思い描いていたんだろう!?
自分の年齢を思いっきり突きつけられた気がした…トホ…
ほとんどできなかった…トホホ…
d0068551_18473922.jpg

瞑想もいろいろ教えてくれるのだが、
いざ目をつぶると…たちまち妄想?の世界に引き込まれれ行くありさまで…

それでも…
マンゴーの実がたわわに実り、それを求めて子猿をお腹に張り付けた?母子の姿を眺め
ニームの花が咲き、夜ともなればいい香りをまき散らす中
山上の風の音を…デリーと違って風が渡る音がして…
聴きながら眠るのは実に快適だった…。
d0068551_1849152.jpg

[PR]
# by sapnabb | 2014-05-27 18:49 | ★インドよりメッセージ

インド:リシュケシュのアシュラム滞在 1

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

ガンジス河上流に位置するリシケシ((デリーから飛行機で45分)には 
驚くほど多くのアシュラムとヒンデュー寺院がある。

アシュラムの中には
外国人(ヒンデュー教徒じゃない!?)の滞在を許さないところもある、と訊く。

私の滞在したのは外国人滞在可のアシュラム。 
しかも シーズン オフ(5月中旬から9月末位)だったので予約もせず…
直接受付に行って その場で許可を得られた。
d0068551_22323548.jpg

ただし滞在期間は最低12日間以上との条件がある
*2週間以上と書かれているが、12日間以上で問題なし。
私は、滞在費を申し込み時に現金で支払った。
950Rs/泊(2014,5,13現在)
この金額に 部屋や三食、ヨガなどを学ぶ全てを含んでいる。
d0068551_2233493.jpg

4畳半ほどの1室を与えられる。
シングルベッド1台とテーブル一脚。何故か椅子はなし。
部屋の左右にバスルームと台所のドアがある。
台所は現在は使用できない(希望によるのかな??)ようす…
奥行きの浅いタンスが備え付けられている。
鍵がかけられるようになっているので、鍵を持参するか、50RS位で購入すると安心…

そうそう、枕カバー・シーツは初日に洗い立てを用意してくれているが、
その後は自分で手で洗う?? 
トイレットペーパー・タオル・石鹸などは全て持参のこと。
[PR]
# by sapnabb | 2014-05-25 22:34 | ★インドよりメッセージ

サプナ通信 5月号 2014

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

暑かった翌日に急に気温が下がったり…と、日本は天候不順と訊きますが、
皆様は如何お過ごしでしょうか? 
デリーは勿論真夏です。

さて、短期間でしたがアシュラム(僧院?)体験!?をしてきました。
滞在者は興味本位の外国人ばかり、のように思い込んでいたので、
インド人滞在者がいるのが意外でした。
彼等は高齢者ばかりで…中には
…最近日本でも「高齢者マンション」などが注目を集めているようですが…
入居時、又は死後に全財産を寄付するなどの約束の基、
ここを終の棲家としている人達もいるそうです。 
d0068551_2242748.jpg

「四住期」はアーシュラマの日本語訳だそうです。
「勉学する学生期
「家族を持ちその責任を果たす家住期
孫の顔を見た頃からは「森林に移住し文明的なものを捨てての林住期
ついには「世俗のあらゆる欲を捨てての遊行期」…
《マヌの法典》を実践している人達に遇ったような気がしました。
「林住期」気分!? 体験してみませんか? 
[PR]
# by sapnabb | 2014-05-25 22:06 | ★インドよりメッセージ

お釈迦様のお誕生日:ブッダ プルニマ

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

日本では お釈迦様の誕生日は4月8日の「花祭り」:灌仏会(かんぶつえ)
お釈迦様の誕生日、日本は祝日ではないが、インドでは祝日。

お釈迦様は インド暦第二の月・ヴェサーカの8日。
満月の日に生まれたとされる…らしい。
このインド暦第二の月は 
西暦にするなら4月中旬過ぎくらいから始まるらしい…。

インドでは…殊に宗教に関する祭りは インド暦に基づいて祝われることが多い。
で…毎年祝日が変わる。

今年は5月14日がその日に当たり、
私は丁度リシケシでその満月を眺めた…。

葉皿の上に花弁と灯明をのせた灯りが ガンジス河を列になって流れるさまは…
煩悩を洗い流してくれるかのよう…でした…。
d0068551_2161179.jpg

[PR]
# by sapnabb | 2014-05-25 21:06 | ★インドよりメッセージ