<   2013年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

インドの木 なんの木 ?

インド・デリーでのお泊りなら日本人経営で安心の宿・サプナへ

ここにも「ビルマネム」と思って近づいてみたら全然違う木だった。
d0068551_1793767.jpg

香りなし…この木なんの木???
d0068551_17121719.jpg

[PR]
by sapnabb | 2013-04-28 17:12 | ★インドよりメッセージ

インドの工芸品

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心の宿・サプナへ

ニームの枝を折ってもらった…
ふわ~~と香った…
丁度…枝垂桜のように葉と花が俯いている…

柳の下と言えば、泥鰌か、幽霊…と相場が決まっているが…
このニームの花の下にはナニが似合うのだろう…
d0068551_21445521.jpg

昨年ラジャスタンで見た見事なニーム並木を思い出して…駱駝!?
どこか遠くを見つめているかのようなパッチリ眼のラクダ…

この張り子(ペーパーマッシュ)の駱駝もかわいいよね…。
[PR]
by sapnabb | 2013-04-27 21:45 | ★インドよりメッセージ

インドの花 知りたい…

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心の宿・サプナへ

この花は、硬質な感じ…精巧に作られたプラステックの造花のような…印象。
まず、白い形を抜き、次に同じ形の少し小さく太く紫の形を抜き、
その2枚を重ね合わせ、白のピンで止めたよう…に見える。
上手く写せなかったが、蔓性で葉は丁度アイビーのような形と大きさ・・・だった。
d0068551_20574025.jpg

この花…の名を知りたい…
このおもちゃのような花がどこから来たのか知りたい…
[PR]
by sapnabb | 2013-04-27 20:58 | ★インドよりメッセージ

インドの暮らし スクールバス(車)

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心の宿・サプナへ

オートリキシャに乗っていたら…前はヴァンのスクールバス。
5人乗りくらいのヴァンに確実に10人以上は乗っていただろう…
女の子もいた。
すごく楽しそうに話している…その様子にこちらまで嬉しくなって…
写真撮っていい? の合図をしたつもり…と…一人の子がお踊り出して…
d0068551_20102248.jpg

すっかり酔わせられたひと時だった…有難う!!
[PR]
by sapnabb | 2013-04-27 20:11 | ★インドよりメッセージ

インドの植物 バナナ

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心の宿・サプナへ

サプナの庭のバナナが食べられない…と知ったのも
バナナは花が咲く…つまり実が付くと枯れてしまう…と聞いたのも
インドに住んでから…最近…。

1本からドンドン子を増やし続けていたサプナのバナナは…そろそろおばあさん?
次々花を咲かせ…枯れ始めている。

今日、庭師がその枯れたバナナを切るついでにバナナを採ってきてくれた。

大きさは丁度大人の親指ほど。
皮が固く手でむくと言うより爪を立てて剥ぐ感じ。
私にはその身を割ることも出来なかった。
中は大粒の種だらけ(野生種)…と書いてきて…あれ!? 種??
花(実)がなるず~~と前から…
雨後の竹の子のように地下茎でどんどん増えて行っていたのに…種??
あれ!?
d0068551_16124324.jpg

生の黄色い若いバナナを35度のお湯に5分間浸けて置いてから引き上げ、余熱を持ったまま数時間放置すると、その間にバナナ中の酵素であるアミラーゼの働きが活発になり、デンプンが分解され、糖度が格段に上がる。またお湯に浸けることで、バナナ中に抗ストレス物質が生成され、常温で2週間は黒く変色せず、保存性が格段に高まる(ウイキペディアより)
d0068551_13903.jpg

[PR]
by sapnabb | 2013-04-26 16:16 | ★インドよりメッセージ

インドの暮らし 水瓶

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ。

たぶん…もともと農村があった所に、私達が侵略してきたのだろう。
サプナのあるコロニーの前に村がある。

小さな路地に沿って小さな商店が…1キロ程も並んでいる。
食料品店、床屋さん、お菓子屋さん、八百屋さん、携帯電話屋さん、
電気屋さん、食堂そしてお医者さん…
ここにお店がないものは、屋台や自転車荷台の簡易店が補う…

暑くなりだすと「マトカ売り」が登場する。
この素焼きの瓶に水を蓄えておくと気化熱で水が冷たくなる…
冷蔵庫の水は冷えすぎ…このくらいの温度(冷たさ)が人の体には適している…と言う。
実際、インドの人は冷たい水を飲んだので風邪を引いた…とよく口にする。
d0068551_1732460.jpg

彼は、1個150RSのこの瓶を1日に20~30個も売るそうだ。
彼の言葉を裏付けるように…
たぶん朝にはこの網の上まで一杯だったのだろう瓶が減っている。
夏の間はこの水瓶を売り、涼しくなったら、村に帰り村の仕事するそうだ。
[PR]
by sapnabb | 2013-04-26 15:41 | ★インドよりメッセージ

インドの植物 インドクワズイモ

インド・デリーでのお泊りは日本人経営の安心な宿サプナへ。

インドに住むならインドらしい植物を身近に置きたい…と思うのだが
これが何年住んでいてもなかなか実現しない…。

たとえばハス…
蓮の花の咲く音で目覚めたら…どんなに幸せだろう…

たとえばインド夜香木…
この香りの中に身を置いてみたい…優しい気持ちになれるに違いない…

たとえばこのインドクワズイモ…
この大きな葉が風にそよぐさまは優雅と言うより・・・
英語名の「象の耳」のごとく、まさに象さんが大きな耳をバタバタ仰ぐのに似ている。
夏の朝の束の間の涼の時…一日の始まりに葉がゆったりそよぐのを見たら…
どんな一日が始まるか…いい予感で満たされそう…。
d0068551_14591442.jpg

花が咲いているのを見つけた…
蕗はもっと大きくなるのかな…
[PR]
by sapnabb | 2013-04-26 15:01 | ★インドよりメッセージ

インドの鳥

インド・デリーでのお泊りは日本人経営の安心な宿サプナへ。

サプナの庭の東屋の…人の通る方に、決まって巣を作る小さな鳥がいる。
今年も同じ場所…
私が背伸びして手を伸ばせば届く程の高さの所…に巣をかけ終わった様子。

上からの攻撃を恐れて天辺にしないのは分かるが、
こんなに人を信用していいものだろうか?
だいたい人ばかりじゃなく…犬だった猫だって…いるのに…
d0068551_138528.jpg

公園の入口の街灯…の中にゴミを突っ込んだ人がいる…
しかも態々あんな高い所の網々の中に…と眺めていて気が付いた…。
鳥の巣!!
どんな鳥? 何人兄弟? 孵るといいなぁ…。元気に巣立つといいなぁ…。
[PR]
by sapnabb | 2013-04-25 13:09 | ★インドよりメッセージ

インドの木 ニーム

インド・デリーでのお宿は日本人経営で安心のサプナへ

サプナの庭にニームの花が咲き始めた。
庭師のおじさんに一枝折り取ってもらった…
なんて可憐な花たちだろう…
d0068551_15512744.jpg

同じ卯月に咲く「卯の花」・ウツギの花を思い出すのは色(白)からなのだろうか…。
色も光を跳ね返すほど純白でもなく、はるかに小さな花だが、気持ちのいい匂い…
d0068551_15531810.jpg

日本にいた時、庭に金木犀の木がある暮らしに憧れたものだ…
ニームの木の下も心地よい…
[PR]
by sapnabb | 2013-04-23 15:55 | ★インドよりメッセージ

インドの鳥 カラス

インド・デリーに行くなら お泊りは日本人経営で安心のサプナへ

この辺りで見るカラスは 「イエガラス」
日本のカラスのように大きくも黒くもない。
少し小ぶりで グレーのマフラーを巻いている洒落ものである。
d0068551_14494449.jpg

カラス=黒!! と思い込んでいたのは私だけ??
調べたら…カラスの仲間には白もいれば、白黒の二色もいる。

アフリカにカラスは少なく…そう言えば、両親がチュニジアに行った時、
そこの動物園では「クチブトガラス」が飼われていて、驚いた…と言っていた…。

イエガラスの分布は「アフリカ」であるが、
元々インド、東南アジア本来の分布地から人為的に移入されたものらしい。
人は何でもしちャうねぇ…。
[PR]
by sapnabb | 2013-04-23 14:49 | ★インドよりメッセージ