<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

インドのダンス バラタナティヤム

一昨日、お声を掛けて下さる方がいらして、
思いもかけず、日本人女性二人によるダンスを観る機会を得た。

バラタナティヤムと呼ばれるこのインド舞踊は、3千年もの歴史を持つそうだ。
神に奉納する舞いであったため、長く一般に公開されることはなかったそうだ。
そしてダンサーは「デバダシ」と呼ばれる「巫女」であったそうだ。

足首に鈴をつけ、その音を濁ることなく出すためには俊敏さが不可欠!?
お二人はまさに巫女として役割を果たしたかのよう…

その激しさ、その力強さに圧倒されっぱなしの2時間だった。

人が祈る…。人の感情…。
生きることが、こんなに切なく、こんなに一生懸命(エネルギッシュ)なことか…と…
改めて教えられたような気がしている…。
d0068551_1564369.jpg

私のカメラの腕ではあの激しさを写し撮ることはできない…
会場前に咲いていた鮮やかな八重のブーゲンビリヤが彼女達のイメージに近いかな…
[PR]
by sapnabb | 2012-11-28 15:07 | ★インドよりメッセージ

インドの仕事 電力会社

2,3日前に、電力会社の人が電気のメーターを整理する?ために来た。
そのための何の前触れもなく、11時から始まった工事は暗くなる6時までもかかり…
つまりその間、ず~~と停電にだった。

翌朝、屋上のタンクに水を上げるモーターを回していたら、
焦げ臭いにおいが漂い始めたそうな。

で、電気屋さんを呼んで調べてもらったら、
そのモーターには 違う家からの配線も繋げられていて、
うちと2本も配線されていたため、モーターが壊れちゃったんだそうだ。

モーターを買い替えなくてはならず…思わぬ出費。大痛手…

その時、電気屋さんに、一応、他も全部チェックしてもらったつもりだったのに、
その翌日は 部屋の蛍光灯が2か所でショート。

これも電力会社の人が何かしでかした所為らしい!?

いよいよ恐ろしくなって…
よくよく調べてくれるように電気屋さんに頼む、と
見たよ!! 大丈夫だよ!! とのこれが安請け合い…。

夕方になり、違うモーターを回しだしたら、またもや焦げ臭い臭いが立ち込めはじめ…

すぐにまた電気屋さんを呼ぶと…ここも2本も配線された結果との話!?

恥ずかしい話だが、電気に関しては私は…説明を受けてもとんとわからない…

しかし 今まで使用してなんの問題もなかったのだから
絶対!!に「電力会社」が、係員にちゃんとしたトレーニングをしていない故!?
その「つけ」が こんな危険な形で、こっちに回ったきた…と 一人腹を立てている。
d0068551_152335.jpg

ディワリ(2012年11月13日)の夜。門づけ?に回る芸人。
[PR]
by sapnabb | 2012-11-21 01:29 | ★インドよりメッセージ

インドの花 インドの香り

デリー辺りではディワリが来ると「冬」が来る…と言う。
あたかもディワリを…冬の到来を…告げるかのよう香りだす木がある。、

普段その木があるのを忘れているのに、きっとこの季節に香りでその存在を知らしめる。

見上げてもなかなか花に気づかない。、
花が象牙色からほのかな緑色をしているからか…

香りは…酔いそうなほど強い…
そう、丁度、あの沈丁花の匂いを思い起こさせる強烈な香りだ…。

インド原産の常緑樹。高さが30メーターくらいになるらしい。
キョウチクトウの仲間で、木を切ると白い液を出すらしい。

これから年末まで、その清楚な姿からは想像できないほど、
強烈で妖艶な匂いを放ち続ける…。
d0068551_538306.jpg

日本名は「七葉樹」 ヒンディ名も日本名と同じ、7つの葉を意味する「サプタパルニ」
その強すぎる香りに恐れをなしてか? 「悪魔の木」との異名を持つ。
[PR]
by sapnabb | 2012-11-18 05:38 | ★インドよりメッセージ

インドの花 インドヤコウボク

インド夜香木 ってどんな花なんだろう…と思っていた…

実は…熱帯の暑苦しい花と香りを想像していた…。

花は夜に咲き、香り、日の昇る前にすべて落下…してしまうそうだ。

なるほど、この花なら…英語名「ツリー・オブ・ソロー」(悲しみの木)も肯ける…。
d0068551_113365.jpg

あたかも自分の短命を知るかのような可憐な花。
私はこの花の香りを知らないが、
この花に相応しいような…しとやかな香りらしい…。

インド原産で 開花の時期は8月から10月。
この写真を10月末の早朝に撮った。
残り香は感じなかった…。
[PR]
by sapnabb | 2012-11-11 01:16 | ★インドよりメッセージ