<   2011年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

インドの知恵熱

(デリーの小さな宿サプナは日本人経営で安心)


ず~~と以前、少女期の2,3年を日本で過ごした人を隣人に持ったことがある。
彼女が三番目の娘を生んだ時のこと。

遊びに行くと…
昨日、誕生祝いを持って来てくれた友人が、
この子を可愛い!! と言ったので、今日、赤ちゃんは熱を出した
…と彼女の話は始まった。

???
誕生後の初めての発熱を日本では「知恵熱」と言うが…。

インド人は 
人の嫉妬の視線(邪視)が 人を病気にし、その家を不幸にする、と考えるらしい。

インドの赤ちゃんや子供に 大きな「ほくろ」のある子が多い…
な・ん・て ことはなく、親が毎朝つけるのだ。
この「ほくろ」が いわば赤ちゃんを病気から守るお守り。

オートリキシャ、トラック、八百屋さんのリヤカーの後ろに
古靴やビーチサンダルをブル下げたり、靴の絵を描いたりしているのも…
言うなればこれらが 交通安全のお札、と言うことになる。

お店屋さんの店先で
青唐辛子とレモンに糸を通したのを 軒先に吊るしているのをよく見かける。
インドのレモンは小ぶりで長径3センチくらい。きれいな黄色をしている。
この黄色の丸に長細い唐辛子の緑がよく合う。可愛い!!
毎日新しくしているんだろうなぁ…どちらも「生鮮」だ。
これも邪視除けで、日本風に言えば、商売繁盛のお札になるのかなぁ…

家の表側の壁に土器に着色した鬼の面を掛けている家がある
…残念ながら最近減ってきているが…
これも 邪視が家に入り込み、不幸をもたらさないように との、魔除け、邪視除けである。
家内安全のお守り、と言ったところか。

邪視をヒンディ語?で「ナザル」又は「ナザール」と言う。

このブログを書くまで、実は私はこれをインド独特の風習だと思っていたのだが、
調べると…
トルコでは 同様の意味を持ち、それもなんと「ナザール」と言い、
早とちりに、では、イスラム圏からインドへ伝播した、と思いきや、
ヨーロッパをはじめ世界中で「邪視」の「迷信」?「感覚」はあるそうな。

日本でも節分(旧暦の新年)には、
戸口に「鰯の頭も信心から」の鰯と柊をさす風習がある(あった)が、
これは邪気、鬼の侵入を防ぐためとか。

日本人にとっての「邪」や「鬼」は「人」を含んでいたのだろうか。
日本人に、人の視線を邪視として恐れる気持ちがかってはあったのだろうか…。



d0068551_1551919.jpg

[PR]
by sapnabb | 2011-06-25 16:28 | ★インドよりメッセージ

インドの歩道

d0068551_12473714.jpg

商店街の通路が平らじゃない、と不平を並べたが、
実はデリーの歩道もご同様のあり様なのだ。

並木は見事に日差しを遮ってくれているが、
歩道は車道よりだいぶ高い。
日本の階段の1段半くらいの高さがあるように感じる。
おばさんは「どっこいしょ」と掛け声を掛けないと登れない。
しばらく歩くと歩道は終わり、で、降りて、また歩道に登って歩かなければならない。
これの繰り返しが億劫で、つい車道を歩きたくなる。

おまけに歩道を遮るように看板が立っている。
信号もなぜか歩道の真ん中に立ててある。
並木の木も歩道わきと言うより歩道の満々中に並んでいる。
段を上げてバス停がある。
車が駐車してある。
これらを避けながら歩かなければならない。
で、つい車道の端を歩きたくなってしまう。

歩く人が少ないから、これを不便としないのか?
歩く人の多くが貧しい?人たちだから これが問題にならないのか?

商店主が商店街の前の通路を自分の「もの」とするのと同じ感覚で、
住宅地の中の自分チの前の道は 自分の「もの」とインド人は考えるらしい。
うちの前の道はうちのだから、うちの駐車場。
誰も停めるな、と堂々と表示している家が多い。
で、道の両側は塞がれて、車がすれ違うのが難しいほど狭くなっている。

人がしているのに、自分がしないのは損?だと考えているのか…
お互い様だから誰も何も言わないのか?

追伸:久しぶりにバッタリ会った人が松葉杖。
   どうしたの?
   歩いていて溝?に落ちたの。
   骨折し、全治8カ月とのこと。
[PR]
by sapnabb | 2011-06-20 13:57 | ★インドよりメッセージ

インド人の危機感 (土嚢)

(デリーの小さな宿サプナは日本人経営で安心)




2、30年前にインド人によって書かれた本に、
インド人は
「公園の側に家を買わない」
との一文があり…
公園の側に家のある私は…とても驚き、今も強く印象に残っている。

何故公園の側に家を買わないのか?

暴動が起こったり、難民が出たりした時、
人の集まりやすい公園の側は危険、とインド人は考えるようだ。

確かに公園には水道があり、
少し大きな公園には必ずトイレの設備もあるから、
暖かい季節なら着の身着のままで数日はなんとか過ごせそう???

実はデリーは世界で一番緑の多い首都らしい。
実際、幹線道路沿いには必ず街路樹が植えられ、あちこちに大小の公園が沢山ある。

最近の不動産広告を見ると「公園のそば」とのキャッチコピーが目に付く。
ので、状況が変わってきているのだろう……か……。

コロニーに入る大通りに 
車が突進してきたら簡単に跳ね飛ばされてしまいそうなしろものであるが、
柵が数か所に立っている。
昼にその姿を見ることはないが、警察官が夜警に当たっている。

その道の先に土嚢が積み上げられている。
ここも夜は警察官が配置されている?

テロのニュースが私達に流される以前に、幹線道路は封鎖されている。
テロへの対応は非常に迅速だ。

土嚢を目にする度に、テロと表裏に暮らしている現実を思いださされる。

そう言えば…
羽田空港で飛行機を待っている時、
気がつくと、椅子にず~~と置きっぱなしの荷があって…
爆発物では?と心配したのは私だけ…で、皆に一笑に付されたっけ。

インドの花屋さんは道路沿いに店を開いている。
多くは店を持たず、花を台に飾るだけの花屋さんが多い。
花屋さん達は夜、歩道に布団を敷いて寝ている。

バス停のベンチに寝ている人もいれば、公園に寝ている人もいる。

警察官が側だから安心して眠れるのかな?

彼らはテロに対してどのくらいの危機感を抱いているのだろう???
d0068551_1141065.jpg

[PR]
by sapnabb | 2011-06-18 16:55 | ★インドよりメッセージ

インド式商店街

サプナの近くに3か所のマーケット( 商店街)がある。

1)一番近いのは歩いて2,3分のNブロックマーケット。
2)M.Nとアルファベットは並ぶが、Mブロックマーケットまでは徒歩で12分は掛かる。
3)もう一つのカイラッシュマーケットまでは 抜け道を通ると徒歩で10分弱かな。

2)3)ともサイクルリキシャで20RS。5分?くらいの距離。

1)2)のマーケットは 公園の周りに箱型に商店が並び、
3)のマーケットは 大きな丸い公園を中心に外円に沿って商店が並ぶ。

1)は大変小さなマーケットだが、有名な服屋さんが軒を並べる。
  他には高級で売り出すレストランとインテリア屋さんしかない。
  つまり生活必需品を売る店がないのである。

2)は 比較的大きな商店街で、
  リーボックからエスプリ。ピザ屋からインドレストラン。
  金物屋に洒落た文房具屋。化粧品屋から宝石店…いろんなお店がある。

3)は レストラン、スーパーマーケット、肉屋と主に食料品関係の小売店が並ぶ。
  食事をするならここが一番リーズナブル。
  
どの商店街も たぶん雨避けと言うより日除けの為だろう。
アーケード式で通路に屋根がある。
だから「上」(雨)の心配はしなくてもよい。が、「下」は要注意。
注意して、し過ぎることはない。  
d0068551_12532444.jpg

インドの店の間口は 一体に3~4メートルと狭い。
どんなシステムになっているのか?
ここを見る限りでは、インドでは店の前は自分モノ?らしい。
で、自分の店の趣向に合わせて 
店の前に洒落た柱を立て? 洒落たデザインタイルなどを張る。

だから商店街としてのまとまりはない。
が、まぁ、これもありかなぁ…。

しかし…

其々の趣向に従って 店の前の通路を高くする店がある。
普通の高さの店もあれば、その間の高さにしている店もある。
極端に言えば、3~4メートルごとにデコボコがやってくる。
階段2段分の差がある所もあるので、歩く方はたまったもんじゃない。

ここで転んで怪我したりする人はいないのかなぁ?
階段でもあるまいし、登ったり降りたりへの苦情はないのかなぁ?
これをインド人はだれも不思議に思わないのかなぁ?
それが不思議…
[PR]
by sapnabb | 2011-06-16 16:50 | ★インドよりメッセージ

インド流婚活?

ここに住む前、私は「村」に住んでいたことがある。
村の名は ベーガン プール 「女王の町」とでも言うのだろうか。
その名の通りの大きな遺跡がある。
村はその遺跡を中心に 半径1キロ四方程度の大きさでもあろうか。

狭い所に…200メートル位の距離を置き、イスラムの寺院(モスク)、
シーク教徒の寺院(グルドワーラー)そしてヒンデュー教徒の寺院(マンディル)が点在。
学校もあれば、少し離れて火葬場も…生活の全てがある。

私は4階に住んでいたので、村中を、そして彼らの生活をも垣間見ることが出来た…

その眺めは「人の営み」が本来とてもシンプルなものだっただろうことを想像させた。
「生きる原点」を見るように感じる…その感じは 私を気楽にさせた。

で、「宿」をはじめようと思った時、
その「感じ」を味わってもらいたく、その村に宿を開きたい、と思ったのだが…
突然、50年、100年前に放り込まれたら戸惑う人の方が多いだろう、と
助言してくれる人があり、考え直した…。が、実は今も未練たっぷり…。 

この村もデリーのご多分にもれずすぐ側に…
つまり場所によっては向かいの家はコロニー(新興住宅地)だったりする。

その村の大屋さんチへ久しぶりに遊びに行った。

あなたも知ってる、兄さんのあの娘が先日結婚したのよ。
だからもうすぐ、兄夫婦もこの村に戻ってくるのよ!!と。

えぇ!?

ベーガン村に住んでいるんじゃ ろくな結婚相手が見つけられないからって、
相手が決まるまで、兄たち家族は 違う場所…
つまりすぐ側の住宅地に家を借りていたのよ、と。

へぇ~~!?
それってすぐばれることじゃない!?
後で問題にならないのかなぁ…???
何より!!
彼らの両親はパキスタンからの引揚者。父親(祖父)はデリーの警察官だった。
お兄さん(父親)も警察官で、二人の子供達は 大学を卒業し、上の子は就職。
結婚した娘さんも働いていた。しかも持家!!

なんら恥じるようなことはないんじゃないのかなぁ、と思うのは外国人??

インドの階級社会の一端を見る思いがした…。
[PR]
by sapnabb | 2011-06-14 21:36 | ★インドよりメッセージ

デリーの八百屋さん

インドの地方は知らないが、
デリーの大概の場所に必ず「マザルデリー」*と言う「牛乳屋」さんと
「サファル」*と言う名の八百屋さんが・・・
どちらも隣り合うようにあるところが多い。

北デリー(どちらかと言うと「下町」)から遊びに来てくれた知人と、
「サファル」の前を通り掛ると・・・
彼女が玉ねぎを差し「これ うちの方よりだいぶ高い」と言ったので驚いた・・・
と言うのは、この店は デリー州が経営しているから
デリー中 同じ値段、適正価格で売られているのだ、と思い込んでいたから…。

最近、経営者が変わったのか・・・たぶん依託制と思う…
お店も小綺麗にし、ちゃんとレシートも出るし、
なにより朝6時に開いているのが便利で うちではよく利用している。
値段は・・・そう言われれば リヤカー売りの人より高かったり安かったり・・・
モノによるのだろう、と思っていた。

・・・と言う話をランちゃんにしたら・・・

ランちゃんが買い物に行った時 丁度、二人の「調査員」が調べに来ていて・・・
店頭表示価格を見、袋入りのものは表示通りの重量が入っているかチェックし、
レシートを出させて
「おまえの所はなんでこんな高く売るんだ」!! と怒鳴っていた…と。


ここ数年急速にチェーン店を増やしてきている
「カフェ コーヒ- デイ」と言う喫茶店がある。
私のこの地域では カフェ コーヒー デイ「ラウンジ」と名をつけ、
一品の単価が高い。

コーヒーなどは嗜好品だし、「ラウンジ」を名乗り、
場所もゆったりで 価格の違いは納得・・・だが・・・
州政府経営の八百屋さん(ベジタリアンが多いから野菜が主食と言える)が
勝手に価格を決めるなんてこと、あって欲しくな~~い!!



*マダルデリー:英語を発音する時、ヒンディ語では「R]を発音する為「Mother」が
       「マダル」となる。「マザーデリー」と訊いても通じないことが多い。

*サファル:ヒンディ語で「成功」
[PR]
by sapnabb | 2011-06-10 20:55 | ★インドよりメッセージ

インドの ドキッ

街路樹の葉のなくなった枝を・・・今が落葉の木もある・・・
先が「Yの字」になった長い棒で折り、集めている姉妹?を見た。

へぇ~~ この辺りでもこのように枝を集めて炊事に使う人達がいるんだなぁ…
と眺めていたら…
うちの一人が「金くれ!!」と言ったので、
ギョ!! とし ドキッ!! とした後に・・・苦々しさが込み上げて来た。

首には模造ダイヤの大きなネックレスをし、
小奇麗な格好をしていた若い彼女達はインドの村ではありふれた子だろう…と思われる。

「お腹がすいているんだ。ご飯を食べたいんだ。1ルピーくれ」
との常套句で話しかけてきたので、本物?の物乞いなのだろうか?

しかし由緒ある物乞い(もカースト)は 独特のべたべた声で話しかけてくる。
彼女の話し方からそうとは思えなかったんだけど…

5つ星ホテルと外国人登録所の間の出来事だったので、
何時の間にか物乞いを覚えてしまったのだろうか…

なんだか頭を振るってなかったことにしたい光景だ…。
[PR]
by sapnabb | 2011-06-08 21:13 | ★インドよりメッセージ

インドの廃品回収

(デリーの小さな宿サプナは日本人経営で安心)

d0068551_2415339.jpg


ランちゃんはお客様の飲んだビールの空き缶を売ってお小遣いにしている。
意外なことに、銘柄?によって値段が違うらしい。
持ちこむと 当然のことに少し高く買ってもらえる。

朝夕…殊に土・日曜は 「天秤計り」を自転車にくくりつけ、
自転車に乗った人達が大声で「廃品回収」と呼びまわる。
廃品回収がこんなにも大勢の人達の商売として成り立つのか…
不思議に思うほど彼らの呼び声はいくつも重なって響いてくる。

新聞紙もビール瓶も持って行ってくれる。
鉄屑だって、段ボール箱だって持って行ってくれる。

そうそう、家の郵便受けの鉄の小さな扉がなくなった。
もともと半分取れかかっていたのだが、ある日さっぱり消え失せていた。

ランちゃんは 鉄が高くなってきたから、誰かが剥がして売ったんだ、と言う。
真偽の程は…???

段ボールは売る時は本当に安いが、
ある時必要に迫られ、購入しょうと訊くと、
100倍くらい…馬鹿にしたとしか思えないほど高く、買えなかったことがある。

彼らの道具は自転車と「天秤計り」。
最近どこの家にも体重計があるから、「手で調子を取る」こともできず、
彼らは 数字の示す厳しい現実に直面しているのではないだろうか?
それでもこれだけの数の廃品業者が生きていける?
[PR]
by sapnabb | 2011-06-04 15:10 | ★インドよりメッセージ

インドの呼び声

(インドデリーの小さな宿サプナ日本人経営で安心)


朝9時頃に八百屋さんがリヤカーを押して (引いてではない!!) 売りに来る。
大きな声で節を付けるように野菜の名を並べる。

それを聞き、今日は人参がなかったから、と買いに出ると…
人参がなかったりすることがある。
今、そう言ってたじゃない!?

ゴロ合わせなのか、思いつきを声に出しているのか、習慣なのか???
八百屋さんによって連呼する野菜の順は違うように思うのだが…
[PR]
by sapnabb | 2011-06-04 15:04 | ★インドよりメッセージ

インドお手伝いさん事情。洗い物

夜8時頃から1時間ほど、「食器洗い」の女の人を頼めたら…と訊いてもらった。

夜、妻を働きに出すような夫は甲斐性なしのそしりを免れない。
だから夜、働きに来る女の人*は誰もいないよ!! と言われた。

ふぅ~~~ん。 そう言われれば…

私はインド人の食事時間が遅いせいだとばかり思い込んでいたが…

インド人の夕食は9時過ぎ。
7時半から開くレストランに行っても8時頃はガラガラ。
9時半頃からがピークな感じ。

夕食に…と招待され、やれ嬉しや!! 
なにが出てくるやら…わくわく… 
ところが待てど暮らせど…出てこない。
結局メインの料理が出てくるのが11時くらいなんてことはママある。

で、彼らは食堂から一直線にベッドへ直行。

あっ、歯は洗ってから寝るんだろうなぁ???
インド人は実にきれいな歯をしてるんだよ。

そう、インド人は夕食に使用した食器をそのままで、寝てしまう。
翌朝、手伝いさんが来て、洗ってくれるまで…。


*夜、娘を働きに出すようなことはインドの常識にはない。
 特に地方からの出稼ぎの人達にその意識が強い、ように感じる。
[PR]
by sapnabb | 2011-06-04 14:53 | ★インドよりメッセージ