<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

インドに行くからには

アレも見てみたい、コレもしてみたい。け・ど
噂に聞く・・・と色々案じていらっしやるのではないでしょうか?
一緒に行動してくれる人がいたら、インドを百倍楽しめること、請け合いです。

① エスコート(道案内人)
② 日本語ガイド

金額他の詳細については直接メールなどでお問い合わせ下さい。

作者名を失念してしまいましたが、とても印象に残っているエッセイがあります。

ドイツ語が話せない日本人と英語の話せないドイツ人が、ドイツのビアガーデンで隣合わ
せに座ったそうです。
会話が成立しないはずなのに話が弾み、翌日合う約束をして別れました。
当日ドイツ語の堪能な友人と、そこへ行くと、ドイツ人は彼をちゃんと待っていたそうです。
友人を介して確かめると、昨日の話は相互いにほぼ間違い無く理解し合っていたそうです
し、友人の仲介で、この日は互いに本当に色々な事が話せたそうです。
しかし、と著者は書いています。昨日ほど楽しくはなかった、と。

旅って?言葉ってなんだろう?と思います。
折角のインド。インドを丸ごと感じるには、断然エスコートがお勧めです。

                                                                                        sapna 主人
[PR]
by sapnabb | 2005-12-19 22:39 | ★あんな事、こんな事出来ます。

インドの結婚式

インドでは、花婿は楽隊を従え白馬に乗って現れるのよ。知っていた?

花嫁は金のノーズリング、ネックレス、額飾り、腕輪にアンクレット。
北インドなら赤地に金糸で縫い取りをしたサリーで、文字通り輝くばかりのお姫様。
しかし出席者達は王子様もお姫様もそっちのけで飲み食い、歌ったり踊ったり・・・
で、正直なところ私にはインドの披露宴は、あまり面白く感じられませんが、
花婿の上着と花嫁のサリーの端を結んで火の周りを7周する式は、実に厳粛で
心惹かれる一幕です。是非、一度見て頂きたいと思います。
問題は占いによって割り出される式の時間が、概ね真夜中過ぎであることが
多く、時に終了が夜中の3時近くなることもある点です。
が、先ずサリーを着て行ってみましょうよ!

*結婚式はシーズンがあります。
 詳細については直接メールなどでお問い合わせくだい。


Mail: w_sapna@hotmail.com
[PR]
by sapnabb | 2005-12-09 21:44 | ★インド見たり、聞いたり

東京情報

sapna 様

東京は12月に入りましてから急に冬らしくなりました。今回インドに行かれませんでしたが、来年は行きます。
11月末仙台から1時間半一ノ関の平泉に行って参りました。
遅い紅葉の大変美しい中尊寺で、2時間あまりを堪能し、東京で貯まった肺の中の酸素を思い切りはき出し、つかの間の平安美術と奥州藤原氏の夢のあとを楽しみました。
下記はその時の写真です。                                         m・w

d0068551_2012870.jpg




d0068551_2022078.jpg




d0068551_2015870.jpg

[PR]
by sapnabb | 2005-12-03 20:16 | ★東京よりインドへ