ランちゃんの学校ー5

 ランちゃんの学校が始まる4月まで、まだ4、5カ月もあります。
 そうじゃなくても遅れている勉強がますます遅れてしまう。
 折角学校へ行く気になった(強制?)このタイミングを逃すと、また勉強への意欲が遠のくのでは、と気が気じゃありません。

 親切な方がいらして、ご自分の知り合いのインド人「Aさん」に学校の件で相談してくださいました。
 Aさんのアイディアを聞き、さすがインド!! そんな手あり?! 
 公立がダメなら、成績表を作って!! 「私立学校」へ行かせよう。
 行ってもいない学校の成績表を作る!?ことが可能なのがインド?!
 
 A さんの知り合いの学校にお願いして、ランちゃんの3年生の成績表を作ってもらいました。
 その成績表を持って、徒歩で通える私立学校へAさんに行ってもらいましたが、後期の受け付けはなし、とのことでした。
 成績表を作ってくれた学校への入学なら…たぶん余分なお金を払えば、可能だったのでしょうが、そこまではバスで通わなくてはなりません。
 訳もわからず誰彼となくついていきそうなランちゃんです。途中で誘拐され、売り飛ばされては困ります。
 折角、成績表も作ったのだから、週に1回でも学校へ行かせては、とA さんは助言してくれました。
 しかし朝の一番忙しい時間に、誰かがランちゃんをバス停まで送って行き、戻りそうな時間に迎えに行くことは、たとえ週に1回にしても長く続けることが可能とは思えません…と…この話を切ってしまいました。
 
 実は…私の中で、こんなことまでしてランちゃんを学校へやる必要があるのか?との思いが、段々大きく膨らんできていたのです。
 
 貧しさ故に学校へ行けないのは、不公平です。
 勉強だけが仕事の子供がいる一方で、働きながら学校へ行かなくてはならない子がいるのは不平等です。日本に生まれる子があり、インドに生まれる子もいます。美人に生まれる人もあり、不美人だと思って育つ人もいて…平等なんてあるんでしょうか???

 ランちゃんはインドの村に生まれ、幼くして親元を離れ、働きに出なくてはなりませんでした。しかしデリーに来てもかぼちゃもネズミも馬車には変わりません。足長おじさんも魔法もないのが現実です。お手伝いさんにカバンを持たせて、運転手付きの車で送り迎えしてもらう王子様達をしり目に、ランちゃんは働きながら学校へ行かなくてはなりません。
 私ならランちゃんを運転手つきの王子様にはできないまでも、学校へ通うだけ、勉強するだけの環境に置くことができます。しかし・・・。
  
 私はその生き方同様、人への関わり方が中途半端だなぁ…と溜息が出ます…。



 

  
 
[PR]
by sapnabb | 2009-06-30 02:11 | ★インドよりメッセージ
<< 町の木 ランちゃんの学校ー4 >>