ランちゃんの学校ー3

 常夏の国、と思われる方も多いでしょうが、広いインド。
 ご想像通りの南国地域もあれば、寒さ厳しい地方もあります。
 デリーのある北インドでは、インド三大祭りの「ディワリ」が来ると冬が来て、「ホーリー」が来ると夏になると云われています。
 北インドの冬は案外侮れません。煉瓦の壁、石の床の家の中で文字通り震え上がる夜もありますが、これは12月半ば過ぎからの僅か約1ヶ月程のこと。この間でさえも日中は30度を超える日も少なくありません。
 ディワリからホーリーに当たる10月頃から3月頃までの半年間は乾期で、外は暑くても木陰に入るとほっとする快適さ。祭りと結婚式、そして観光シーズンにあたります。

 私たちがお盆やお正月に帰郷するように、インドの人たちはディワリ前の休暇、ホーリーのお休みには故郷へ帰省します。そういえば、ランちゃんが来たのもホーリー休みに帰省した叔父さんに連れられてでした。 

 9月2日のガンジーさんの祝日を皮切りに、ディワリまでの1ヶ月半くらいの間は、今日も、明日も…と連日祭りが続きます。ランちゃんもお祭りの雰囲気に飲み込まれたのでしょうか。この真っただ中に家出。束の間の夢から覚めて現実に戻ってきたのでしょうか。

 さて、ランちゃんを学校へ、と連れて行くと…今年の受け付けは終了。来年の4月になったら来て下さい!! これがインドの学校の現実でした。

 ランちゃんは私に…しかられて…しかられて…叱られながら…
 叔父さんや一緒に働く人たちと…ケンカして…泣いて…ケンカして…喧嘩しながら…
 掃除、洗濯…食事を作る以外の家の仕事を全てこなしての大忙しの毎日。
 働いて…しかられて…働いて…ケンカして…働いて…泣いて…働いて…働いて…休みは月に僅か2日。

 心中密かに凄いなぁ!!と感心するのは、もう二度と、「辞める!!」「お給料を上げてくれ!!」との言葉を口にしないこと。子供ながらあっぱれ!!な奴、と私はランちゃんの根性に舌を巻いています。 
[PR]
by sapnabb | 2009-05-15 00:18 | ★インドよりメッセージ
<< ランちゃん ランちゃんの学校ー2 >>