アーユルヴェーダ マッサージ 痩身篇2

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

数千年?の歴史を持つと言われるアユールヴェーダの歴史は
そのまま、人と飢えとの戦いの歴史に重なるに違いなく…
となると、やはり大きな羊は「美」しい…肥満は富や権力の象徴だっただろうから
「痩身」なんて考えがあったはずがない…と…思い込んでいたが…、

アユールヴェーダは 
病気を予防し健康を維持する「予防医学」の考え方に立っている…そうだから、
肥満から病気が引きおこされるとの認識はあったのかもしれない、と思い直し…

その場で、先生に相談してみる…と…
その先生は 私の年齢と体重を訊き…
痩身の必要なし!?と!? 

自慢にはならないが、インド人に引けを取らない立派な体型のおばさん!!
日本の標準(理想)体重と私の隔たりは 
米一俵とまではいかなくても小?型犬1匹には十分相当する。…トホ…。

巨大なメタボ腹を見つめて途方に暮れる…

で…その次に行った時に、その場にいらした若い先生に相談した…
この年齢で このお腹の脂肪なんとかなりますでしょうか…と…

明日から始めましょう!!
d0068551_23132379.jpg

[PR]
by sapnabb | 2014-07-24 23:13 | ★インドよりメッセージ
<< アユールヴェーダ マッサージ ... アユールヴェーダ マッサージ ... >>