サプナ通信 6月号 2014

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

日本は梅雨明けしたのでしょうか?
デリーは連日40 度を超す日が続いています。
暑さ慣れしているつもりの私でもこの暑さには音を上げ、
数日をカシミールのスリナガルに逃亡していました。

その昔は地上に天国があるとしたらそれはカシミール…と言われたそうです。
今は…街中に、そして丘陵に4~5mおきくらいに銃を構えた兵士が立ち並び…
インドが抱えている問題をまざまざと見せつけられるような思いがしました。

一方で…櫂の音を響かせて湖を滑る小舟。
青々と聳え立つ大木。
春を待ち焦がれいっせいに咲き出したかのような花々。
人々の営みがあり…切り取れば完璧な一枚の絵…「天国」でもありました。
涼を求めて訪れるインド人家族で溢れる街でもありました。

ここでの私の実感は…ただただ…インドは「広い」なぁ…と…。
増々インドのあちこちに行ってみたくなっています。ご一緒しませんか…。
d0068551_4153540.jpg

[PR]
by sapnabb | 2014-06-29 04:15 | ★インドよりメッセージ
<< サプナ通信 4月号 2014 インド:リシケシのアシュラム滞... >>