サプナ通信 5月号 2014

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

暑かった翌日に急に気温が下がったり…と、日本は天候不順と訊きますが、
皆様は如何お過ごしでしょうか? 
デリーは勿論真夏です。

さて、短期間でしたがアシュラム(僧院?)体験!?をしてきました。
滞在者は興味本位の外国人ばかり、のように思い込んでいたので、
インド人滞在者がいるのが意外でした。
彼等は高齢者ばかりで…中には
…最近日本でも「高齢者マンション」などが注目を集めているようですが…
入居時、又は死後に全財産を寄付するなどの約束の基、
ここを終の棲家としている人達もいるそうです。 
d0068551_2242748.jpg

「四住期」はアーシュラマの日本語訳だそうです。
「勉学する学生期
「家族を持ちその責任を果たす家住期
孫の顔を見た頃からは「森林に移住し文明的なものを捨てての林住期
ついには「世俗のあらゆる欲を捨てての遊行期」…
《マヌの法典》を実践している人達に遇ったような気がしました。
「林住期」気分!? 体験してみませんか? 
[PR]
by sapnabb | 2014-05-25 22:06 | ★インドよりメッセージ
<< インド:リシュケシュのアシュラ... お釈迦様のお誕生日:ブッダ プルニマ >>