インド 神の住む町:バンガロール

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

若い友人の結婚式に…とバンガロールへ出かけたのは4月中旬のこと。
標高920mのここは 年中クーラーなしで過ごせる気候の良いところ、と訊いていたが、
この時期のバンガロールをデリーと比べると
少し気温が高く、花の咲き方も1週間から10日ほど早い感じ…
つまりバンガロールの方が先に夏に近づいている感じだった。

カルナータカ州の州都であるバンガロールは
インドのシリコンバレーと言われている。 ので 近代都市?を想像して行った…が…。

私の宿泊先は旧市街に当たるのだろうか…碁盤の目の中にあった。
この辺りは道幅が狭く、街路樹の下に多くの露店が並んでいる。
花を商う店が圧倒的に多い。
店番をしつつ…南インドの女性が髪に結ぶ香りのよい花(ジャスミン)を
一輪づつ糸に通す…なんとも根気のいる作業をする女性達が座して並ぶ。
神様に奉げる花、ヒンデューの儀式に使うバナナやマンゴーの葉を売る店が並ぶ。
d0068551_1421578.jpg

信仰が根付いている!?
その上、街中の寺院で こんな姿を垣間見たら…(一周忌のための儀式とか…)
この街全体が信仰の中にあるかのような錯覚を起こす…
d0068551_1352140.jpg

日本で…浅草の浅草寺付近しか歩かなければ、東京の印象が違うように、
私の滞在先が偶然そうだったのだろうが…
神様と一緒に住んでいるかのような…この穏やかな街がすっかり気に入った。

この街で結婚した二人は きっと神の大きな祝福のもと幸福になるに違いない…

識字率 インド第2位
人口 インド第3位
人口増加率は 2001年から2011年の10間で46.68%、年平均で約3.9%とインド第一位 
バンガロールは「茹でた豆の街」? 
ウイキペディアより
[PR]
by sapnabb | 2014-05-24 01:28 | ★インドよりメッセージ
<< お釈迦様のお誕生日:ブッダ プルニマ インドの樹:波羅蜜(ハラミツ) >>