インド 邪視

一帯にデリーの町は活動開始時間が遅い。
一部…コンビニ?風のお店を除いて、大体お店の開店時間は10時半から11時くらい。
しかもこの時間から営業開始と言うより、
やっと目覚めて…まず店先での1杯のチャイから始まる様子。

12時頃サロジニナガールマーケットを歩いていたら、「邪視除け」売りに遇った。
毎朝、契約した家なり商店なりに配達されるものだ、と思い込んでいたので…
嬉しい遭遇…だったのは…今日が土曜日だかららしい…。

手伝いのおばさんによると…
一般家庭は土曜日に
土曜日の神様:ヴィシュヌ神のためにこれを門口に飾るのだそうな…
*説明を受けたが、邪視除けとの関係がよく理解できない…ごめん…。!
d0068551_19545255.jpg

家の前の壁に鬼の面を掛けたり
トラックやオートリキシャなどの車体の後ろに
古サンダルをブル下げたり靴の絵を描いたり…
様々な「邪視除け」があるようだが、商店の門口に多く見かける…
上から唐辛子3本、レモン1個を挟んで、又、唐辛子4本のこの邪視除けが私は好き…。 
清々しい色彩、生鮮で しかも 身近なもので作られているのも…いい!!
人の嫉妬心などの邪視も除けてくれるだろうが…
これを目にすると、何となく元気が出てきそうな気がする。
d0068551_19524641.jpg

自分で作るものだと思っていた…と言われ…
そうだったかも…否、今もそうなのかもしれない…と思い至っている。
d0068551_19562861.jpg

因みにこれは1個10RS。
お金のことを言っては神様?に申し訳ないけど…薄利だよねぇ…。
[PR]
by sapnabb | 2013-12-30 15:14 | ★インドよりメッセージ
<< サプナ通信(13)1月号  2... インド音楽 >>