旅…(サプナ通信10月号より)

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

時に人は何故旅に出たいと思うのでしょうか…

交通機関が今ほど発達していなかった昔も人は「物見遊山」に出かけたよう…。
徒歩でも旅をしたい…と、人を駆り立てるものは、
人間が定住する以前からのDNAの仕業でしょうか。
それとも飽くなき好奇心!? 
あるいは現実逃避がその原動力になっているのでしょうか…。

私は…旅においては見たものが!! 出会ったものがすべて!! と思っているつもり…
でも…
その旅の後で 旅行案内書を読んだり 行った人の話を聞くと…
こんな所もあったのか、とか… 
やっぱりあすこへは行ってみればよかった…と、つい思ってしまう自分に…
何を見ても聞いても3日も過ぎれば忘れてしまうくせに…と…一人で苦笑する一方で…
最初の印象が一番素晴らしいのかな…とも思う自分がいる…。
d0068551_238640.jpg

水牛が泳ぐ…地方へ行くとよく出会う風景だが…それでも毎度同じくらい感動する。
[PR]
by sapnabb | 2013-10-18 02:38 | ★インドよりメッセージ
<< ベンガルボダイジュ (サプナ通... サプナ…老い…夢…(サプナ通信... >>