サプナ…老い…夢…(サプナ通信9月号より) 

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

人の晩年をよく秋に例えますが、
人は自分の老いをどんなことから意識するようになるのでしょうか…。
私は…
えっ!!こんなに高かったっけ!?と反射的に思ってしまった価格が…
思い直してみると10年前のものだったりする時。
インドにはないと思い込んでいた品々を目の当たりにする時々に…
私の時は止まってしまっているんだなぁ…と自らの老いを自覚させられる…。

さて…お陰様で今年の12月1日でサプナも10年目を迎えることが出来そうです。
仕事においての10年は例えるなら早春でしょうが、私自身は暮秋の只中…。
これから来たる厳冬をいかにしのぐか…
その用意も覚悟が出来ているとは言えませんが…
サプナを来年・2014年11月末で閉じることしょう…と思考中です。
その日まであと…約1年…初心に戻って…と言い聞かせているところです…。。
d0068551_2235733.jpg

       さしあたっての私の心境でしょうか…途方に暮れる…
[PR]
by sapnabb | 2013-10-18 02:25 | ★インドよりメッセージ
<< 旅…(サプナ通信10月号より) インドのお寺 (マタビール マ... >>