インドのお寺 (マタビール マンディル)

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ

サプナから歩いて5分ほどの所にこの辺りでは珍しい高台がある。
そこの頂上に ヒンデュー教の寺が建っている。
d0068551_22314782.jpg

冬の早朝、私はここで小さなミミズク(フクロウ?)が木に留まっているのを見た。
あまりに写真で見たとおりの…静かな顔だった…のに驚いた。

ここにはいろんな鳥が来る。
インコもいれば…だが…私が写真を撮るのは至難の業…。
構えた途端 飛び立っている…
d0068551_22332675.jpg

これはインドハッカ。
目の下に鮮やかな黄色のシャドウを入れた意地悪そうな顔をお見せできず残念。
d0068551_22371449.jpg

ここにあるタカ~イ木の天辺近くの巣はたぶんトンビの子の…(2013,5,10撮影)
親鳥が鳴きながら輪を描いている…

今知ったこと…
子供の頃に聴いた歌謡曲「トンビがくるりと輪を描いた…」が耳に残り
私は「トンビ」だと思っていたが、関西は「トンビ」 関東は「トビ」と呼ぶのが一般的らしい。
因みに、主に上昇気流を利用して輪を描くように滑空するから…
見上げると…トンビはいつでも廻っているような印象を受けているんだね。
[PR]
by sapnabb | 2013-06-12 22:37 | ★インドよりメッセージ
<< サプナ…老い…夢…(サプナ通信... インドの木 金亀樹(ジャングリ... >>