インドの木 桑

デリーでのお泊りは日本人経営で安心のサプナへ。

原産は中国、朝鮮。
日本にも早くから養蚕と共に渡来し、
インドにも養蚕と共に伝わり、古くから栽培されているそうな。

近くの公園や街路樹に見かけるが、どれもかなりの大木である。

毎年、花の季節には全く気が付かず…
実が落ちだすと…その木を知る感じ…。

不思議なのは、この沢山の実を誰も拾わないこと…

母(80歳代)はこの実をもいで食べた話を嬉しそうにするのだが…
インドの人は 食べたりはしないんだろうか? 
ヒンデュー教徒に、果実酒…お酒の発想はなしか…
で…ランに訊くと…
この実は大好き!! 村ではみんな争って食べるよ…と。
d0068551_18474328.jpg

花言葉は 「知性」と「私はあなたを助けません」。
知性は養蚕故に納得だが…
誰が考え 付けたのか…「助ける」じゃないのが…体裁を繕ってないようで…面白いよね。
d0068551_15163188.jpg

[PR]
by sapnabb | 2013-04-17 18:51 | ★インドよりメッセージ
<< インドの暮らし 猿回し インドの鳥 孔雀 >>