インドの木 センダン

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心の宿・サプナへ

もうニームの花が咲いている…と思って写真を撮った。
帰宅してから写真をよく見ると、花芯が白くない。紫色?
これはニーム仲間、と言うよりセンダンの仲間にニームが属するらしい。
で、ニームは日本では「インドセンダン」と呼ばれる。
因みに、このセンダンは「栴檀は双葉より芳」の栴檀である。、
しかしこれはビャクダンの間違えで、
しかも白檀は双葉の頃には芳香を放たない…そうな。
d0068551_5523094.jpg

日本にも自生していて、
センダンの丸い実を数珠に見立て、「千の珠」がセンダンになっとの説があるとか。

我が家のニームは今、黄葉中で 花をつけるのはまだ先…。
と…思っていたけど、よくよく見たら小さな小さな蕾を見つけた…。
[PR]
by sapnabb | 2013-04-08 05:48 | ★インドよりメッセージ
<< インドのアイロン屋さん インドの暮らし 公園の門 >>