インドの暮らし 公園の門

私の住む1キロ四方に 大小合わせて4つの公園がある。
そのうちの2ケ所に「犬お断り」の看板が立っている。
しかし 入れないのは字の読める飼い主に引かれたお犬様だけで、
どの公園にも野良犬が大手を振って(尻尾を振って!!)歩きまわり、惰眠を謳歌している。

だから公園の入り口がギザギザなのは野良犬対策ではない。

公園の若木や草花を食べてしまってしまわないように、牛やヤギを入れないため柵。
街路樹の若木が鉄の柵に囲まれているのも牛やヤギへの対策。

私の祖父は 子供の成長を「牛にも馬にも踏まれないようになった」と表現していた。
インドの若木も牛やヤギに食べられない程に大きくなるまで保護されている。
d0068551_518385.jpg

d0068551_144978.jpg

[PR]
by sapnabb | 2013-04-08 05:18 | ★インドよりメッセージ
<< インドの木 センダン インドの花  ギンゴウカン(銀合歓) >>