インドの花  ギンゴウカン(銀合歓)

西岡直樹氏がその著書「インド花綴り」でとても良い香りがすると紹介している
インド原産の「ビルマ合歓」の花を一度見、その香りを嗅いでみたいもの…と思っている。

今朝、道を歩いていて見つけた!!と思い…
クンクン嗅いでみたが…香りは感じられなかった…

調べてみたら、ビルマ合歓はまさに合歓の花と同じ扇形に咲く薄緑色(薄黄色)。

私が見つけたと思ったのは中南米原産のギンゴウカン。
d0068551_457840.jpg

野生化したのを「ギンネム」 園芸種を「ギンゴウカン」と呼ぶ、
と書いてあるものがあったが、漢字で書くとどちらも「銀合歓」って 変だよね?

葉に「モミシン」と言う毒を持つこの木は
外来生物法によって要注意外来生物に指定されているとか。

これもなんだか…ギンネムにしたら納得いかない話だろうなぁ…。
[PR]
by sapnabb | 2013-04-08 04:57 | ★インドよりメッセージ
<< インドの暮らし 公園の門 インドの暮らし  >>