ラクノウ 5 チカン刺繍

たぶん今…ラクノウは
ラクノウ刺繍とも言われるチカン刺繍の産地としての方が有名かもしれない…
夏になるのを待ちかねて、この辺りの女性は競い合うようにこのブラウスを着る。

後ろの刺繍糸が薄い生地を透して表側に見える技法をシャドウワークと言うそうだ。
レースのよう…大変美しいものだ。

ラクノウでオートリキシャ、タクシー、サイクルリキシャ…などに乗ると必ず
ラクノウ刺繍屋に行こう!! と言われる。

最初は騙されるような気がして拒否していたのだが、
ホテルで尋ねてもなかなか良いお店に当たらないので、
物は試しと…おじいさんのサイクルリキシャに乗ってみた。

結局、前日に探し探し見つけたのと同じお店ばかりで
新しい店には行きあたらなかったが…
ある店で買い物すると…おじいさんがその店のレシートをくれ…と。
なんでもそのレシートを持って行くと「クルタ パジャマ」がもらえるんだ…と。
後悔するほど買い物した割に…彼らが貰えるモノの少額なのに…正直…驚いた…。

後でお小遣い帳につけるのに、レシートをコピーし、本物を彼に渡した…。
さて、彼はどんなクルタを選んだのだろう…
d0068551_4352743.jpg

チカン刺繍は大きな工場で熟練の女工さん達によって
手作業で作られているように思い込んでいたが、 
家族の、主婦の内職によって支えられているらしい。

道理で…わぁ~~凄い!! 綺麗!! と眺めていると…
これはカレーを食べた後手を洗わなかった?と思しき指の後やシミがあることが多い。
勿体ないよねぇ…こんなに綺麗なのに!!
[PR]
by sapnabb | 2013-03-09 03:48 | ★インドよりメッセージ
<< インドの花 サプナの植木鉢 撫子? ラクノウ 4 歴史の中で… >>