インドの結婚 ランの場合 3

(デリーの宿サプナ)

ランがお嫁さんを連れて戻った。
サリーをきちんと着ている…その幼さに胸を突かれる思いがする…が…
一方で…私の姑根性に違いないが…彼女に、したたかさを感じる。

言葉が違うので、彼女は話は分かるが話すことはできない、とのランの説明。

だから働けない!?
だけど…彼女はデリーで働いて自活するつもりだったんじゃないの!?

彼女は掃除・洗濯・料理はできる…とのランの話。

しかしガスを使ったことがないので、
暫くはランがついていなくては料理はできない!?

彼女は買い物は行ったことがない!?ので、買い物も今のところこれもまたランの仕事。

ランは気が気じゃないらしい。気がつくとうち(職場)にいない…。
d0068551_1132483.jpg

妻を働かせないのが村の男の甲斐性。
借金だらけでも妻を内に置くのが村の男か…。
[PR]
by sapnabb | 2012-10-08 15:04 | ★インドよりメッセージ
<< インドの桜? インドの結婚 ランの結婚 >>