インドの結婚 ランの結婚

(デリーの宿サプナ)

ランの親たちは無論、
本人達同士にも憧れ?以上の気持ちがなかっただろう二人が結婚したことに、
まだ幼いと言っていい二人にそれを押しつけたパンチャヤットに、
彼等を追い込んだかのようなインド社会そのものに
私は長い間腹を立てていた…。

と…インドの慣習について話してくれた人がいる…。

インド全体 と言うより 殊にランの村のあるビハール州では
偶然にでも、男の人と目を合わせた人は
「ふしだらな女」とのレッテルを張られるそうな!?

で、私にもやっと見えてきた…

娘を売り飛ばす気だろう、と騒いだ彼女の両親は、
自分の娘に非はない と皆に訴えたかったのだろう…

一度「ふしだら」のレッテルを張られた娘は、
この先、結婚の話はないかもしれない…から…との・・・
パンチャヤット達の結論だったのだろう。
d0068551_3501474.jpg

長くインドに住んでいても 私は「個」の感覚から抜けられない。
想像の中でさえ、彼女たちの立場には立ちえない自分を感じる…。
[PR]
by sapnabb | 2012-10-08 14:30 | ★東京よりインドへ
<< インドの結婚 ランの場合 3 インドの朝の公園  1)信仰 >>