インドの朝の公園  1)信仰

(デリーの宿サプナ)

散歩する人たちが思いのほか大勢いる。
彼等のうちには歩きながら、立ち止まり、昇る太陽に手を合わせる人がいる。

公園を入ってすぐのところに 1本の大きなインドボダイジュの木があり、
その下には 小さな神様が祭られている。

その前を通過するだけの人も大勢いるし、立ち止まり手を合わせるだけの人もいる。
ある人は灯りを供え、ある人は食べものを供える。
祈る人たちは その前に靴を脱ぎ、神に祈る。

彼等が真摯に祈る様子を見ると、こちらまで心が現れるような気がする。

…と書くと、神聖=綺麗な場所を想像しがちだが…

家に祭っていた神様を替えると、神様をごみとして出すわけにもいかず、
そこに置きざりにするから何体もの神様が思い思いの方向に、
散乱状態でお休みになっていらっしゃる。
神様に奉げた花や食べ物がそのまま朽ちて芥となっている。

信仰者にとって場所の清浄は 祈りとは別なものなのだろうか?

…と書いて…

今朝公園に行ったら、
d0068551_3542962.jpg

インドボダイジュの前に80センチほどの背丈の木が生垣のように植えられ
神様像が見えなくなっていた。

インドでも神様の居場所が狭められつつあるのだろうか…。
[PR]
by sapnabb | 2012-09-27 13:54 | ★インドよりメッセージ
<< インドの結婚 ランの結婚 インドの結婚  ランの結婚 …... >>