インドの花 シクンシ

酔芙蓉と言う花がある。
始め白い花が段々…
お酒を飲んだかのようなピンク色に変わる事からその名が付けられたそうな。
美しい人が酔いとともにその頬を赤く染めていく…この時のお酒はやはり日本酒!?
なんとも風情がある、なんとも妖艶な花だ。

このインド原産(諸説あり)と言われるシクンシも白から紅へと花色を変える。
その小さな可愛らしい花々からか? その旺盛に茂る若草色の葉々からの連想からか? 
この花は 私に 大人になりかけの十代の少女を髣髴とさせる。
ほろ酔い以上に飲み過ぎ、陽気になった少女…しかしその香りはもうすっかり大人。

d0068551_22345499.jpg

蔓科のこの花は暑くなり始めの3月から雨期前まで、
雨期の終わる9月から10月の二度にわたり、花をつけ、楽しませてくれる。
[PR]
by sapnabb | 2012-06-07 12:26 | ★インドよりメッセージ
<< インドの百日紅(オオバナサルスベリ) インドの花 ブーゲンビリア(ブ... >>