インドの聖木 バナナ

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心の宿・サプナへ

ヒンデュー教徒は バナナを聖なる木と考えています。

それを知ってから、私もバナナの木が欲しくて…
鉢植えのバナナを買いましたが、当然、大きくなりませんでした。

4年、5年前に その木を庭に直植えにしてもらいました。
たちまち…昔話の桃太郎さんのように、まさに一杯食べれば(飲めば)一杯分…の勢いで 
どんどん大きくなり、1本の木が今はでは20本にも増えています。

が、一向に花も当然実もならずがっかり…。
実がならないことを嘆くと…

前の庭師は
直径約20センチほどの幹じゃ…もっと太くならなくっちゃ、生らないよ、と。

今の庭師は
このバナナは実のなる奴じゃない、と言っています。


それが今朝…ランがバナナに花が咲いているよ!!と教えてくれました。

下からは見えにくいのですが、
彼等の住まいがある屋上からはよく見えるようなのです。

嬉しい!! たぶん食べられる種類じゃないんでしょうけど…嬉しい。

d0068551_1319266.jpg


子供の頃に家にバナナの木が2本ありました。
何時実がなるんだろう? 
日本じゃ、寒いから花が咲かないのかな?と思っていました。
その…私がバナナだと思っていた木が「芭蕉布」だと知ったのは
人生の半ばをだいぶ過ぎた頃でした…。
[PR]
by sapnabb | 2012-05-10 13:20 | ★インドよりメッセージ
<< インド人の腕輪 インドの村の生活 パンチャーヤ... >>