インドの結婚 ランちゃんの恋

1年半ほど前に帰郷した時、ランちゃんは1人の少女に遇ったそうな。

少女は「ランジットでしょう」と呼びかけたそうな。
ランは その時は とっさに思い出せなかったけど、
彼女の話から 
やがて同じ小学校へ通っていた近くの村の子だったことを思い出したそうな。

その時、彼女はランの携帯番号を聞いたそうな。(ちょっと自慢げなラン)

やがて…

昨年の10月くらいから ランは頻繁に女の子と電話で話している様子でした。
と言うのは、相手の声も大きいので、そばに行くと声が漏れ聞えるのです。
それがどうも女の子の声らしく…感じていました。
私は同じ中学の女の子かな…と…世界中同じかな…と思っていました。

その頃、彼女は30歳過ぎくらいの男の人との結婚が決まり、悩んでいたそうな。
彼女の両親はすでに、相手からは15,000ルピーの結納金*をもらっていて、
2月21日には結婚式と、決まっていたそうな。

それが嫌で嫌で 彼女とランは電話で毎日相談。

で、彼女もデリーで働けばいい…と言うことになったそうな。

そう言えばその頃、ランは 私に 女の子を雇う気はないか、と訊いていましたっけ。
そうとは知らぬ私は、
女の子は仕事がきれいだから、いい子なら働いてもらいたい!! と宣言していたっけ。

で、彼女の結婚式の前に二人でデリーに来よう、と約束したそうな。

ラブ ストーリー???

d0068551_5233869.jpg

*結納と言うシステムがあるのか?
 持参金の悲劇はよく耳にするし、新聞などでも目にするが…
 持参金を用意できないような貧しい家の女の子は
 いうなれば、買われる??に等しいのかな??
[PR]
by sapnabb | 2012-04-17 23:26 | ★インドよりメッセージ
<< インドの結婚 ランちゃんの場合 3 インドの結婚 ランちゃんの場合 1 >>