インドの手伝い君 S君の虫

村から新しいお手伝いさんが来ると、最初に注意することは
「手を洗いなさい」その手をよく「拭きなさい」の二点に尽きる。

S君は村の多く子同様に お腹に「虫」がいるんだそうです。
彼の母親はずいぶん虫下しを飲ませたそうですが、
排除には至らぬままデリーに着いてしまい…
故に お腹がしばしば痛くなっちゃいます。

お腹が痛い…と何度かランちゃんに連れられて病院へ。

何度か薬をもらい、
いっぱい出たよ!!と、やっと元気になったと思ったら、
今度は廻っている扇風機に指を突っ込み、怪我。
見ると、
ざっくりとは切れていないので、よく洗わせてから バンドエイド。

水仕事をさせずに様子を見ていると…
朝ご飯を食べ 再始業時間になると、
今度は怪我をした所の上に モノを落としたとか、そこを何処かにぶっけたとかで…
半べそ。
又 ランちゃんと病院へ行き、大きな包帯を巻いてもらってきた。
が、それも午後には取れてしまっていた…

子供にとって 回る扇風機は
つい指を突っ込みたくなってしまうものなんだろうけど…
次はナニをしでかすか…

その前にやっぱり彼をよく眼の届く両親のもとに返すのが良策だろう。

…と言うわけで、来てから今まで、
彼の心意気はともかく…私からすると、満足に働いてもらった日がありません。

d0068551_4344613.jpg

[PR]
by sapnabb | 2012-04-06 23:48 | ★インドよりメッセージ
<< インドの新手!? インドの手伝い君 S君のテレビ(2) >>