インドの手伝い君 S君のテレビ(2)

ランちゃんが電気屋の前を通ると、
「おまえんチに新しいチビが来ただろう。
そいつにテレビの修理を頼まれたよ」と声を掛けられたそうです。

なんと…私達に止められることを恐れるあまり、
彼は既に自分で…私の!!テレビを電気屋に持って行って、修理を頼んできていたのです!!
部品代が3000で修理費が500で、合計3500ルピー!!
彼の1か月分の給料です。*
それなのに修理に関しては、なんの保証もなく、見えなくなったらそれまでとのこと。

で、ランちゃんはその場で 修理の取り消しを頼んだそうですが、
部品を購入しちゃったからお金は返せない、と言われたそうです。

彼は村を出る時に買ったばかりの携帯電話を売って、そのお金を作ったんだそうです。

修理が終わり、大喜びでテレビを持ってきましたが…
案の定!?もうテレビは電源も入らないそうです。

出入りの電気屋さんに見せるように言っていますが…直るのかな…。
直ならなかったら、こんなちびのお金…お切ないなぁ…。


*昔人間の私にしたら こんなちびちゃんに破格の給料です。
しかし今でも…たぶん普通はこの半分くらいかな…。
d0068551_4363927.jpg

[PR]
by sapnabb | 2012-04-06 17:47 | ★インドよりメッセージ
<< インドの手伝い君 S君の虫 インドの手伝い君 S君のテレビ(1) >>