インドセンダン(ニーム)

(インドデリーの小さな宿サプナ日本人経営で安心)

d0068551_16463428.jpg




大きなニームの木を下から見上げると 小さな葉々が…雪の結晶形と言うより、
いくつもの大きな…きれいに張った蜘蛛の巣を連想する。



ちょっと気が滅入ったりする時、
下からこの木を見上げると憂さが晴れるような…清々しさがある。

ニームの木の下で眠るといい夢を見る、と言い、
悪霊から身を守ってくれる、とも言われているらしい。

なるほど…と思わせられる…。

うちの庭に2本ある。
1本はもともと植わっていたもので、もう一本は気が付いたら「あった」木だ。
きっと生命力の強い木なのだろう。

ランちゃんは時々この枝で歯を磨く。

インドにはニームの石鹸、歯磨き粉、最近日本ではニームオイルが流行りと聞く。
地方によっては料理にも使うし、お米の中に葉を入れて虫よけにしたりもするらしい。

ニームの歯磨き粉は色こそ深緑だが、それほど苦くない。
なにかが添加されているのだろう。後味はいい。

ニームの石鹸は 汗疹に効果あり。
愛用しているが、何かの拍子に口に入ると苦くて閉口する。
これも驚くほど濃い緑色をしている。


小さな白い 香りの強い花をつけるらしいが、
何故か未だかって見たことも嗅いだ記憶もない? インド原産の木。

うちの庭の木も早く大きくなって、悪霊から私達を守ってくれるようにならないかなぁ…。
[PR]
by sapnabb | 2011-05-29 04:51 | ★インドよりメッセージ
<< インド細密画風に草木花を描きサ... インド「服」事情 >>