インドお手伝いさん事情

サプナはただ今「手伝いさん」募集中。

どのように見つけるか? 

「家政婦派出所」みたいなところがデリーにはある。
キリスト教関係の組織が運営しているところが殆どじゃないかな?…と思う。

入会金を払い、手伝いさんを頼む。
一度の申込金で、互いに気が合わなければ 3人までは紹介してくれる。

この組織の欠点は、派遣されてくる人の人権は守られるが、
こちらには何の保証もないことである。

全く経験のない人 や 全く働かない人も紛れ込んで来る。
適当な人ばかりを紹介し、お金だけをせしめているのでは、と思われることがある。

で、今はもっぱら「口コミ」である。

手伝いさん募集中、と この近所中の手伝いさん達に触れまわる。
電気の修理屋さんや水道屋さんなどなど、出入りのあらゆる人に触れまわる。
と…三々五々…人が集まりだす…はずである。

が、今は何しろ時期が悪い。
子供たちの学校が夏休みになり、皆が村へ帰省し出している。

パートタイムで仕事をしている人たちは、
自分がいない間に、他の人に仕事を取られてしまわないように、
自分の知り合いをその期間だけ手当てしなければならない。
で、この時期、デリーには お手伝いさんが不足しているのだ。

因みにうちが今手伝いさんを募集中なのは、
うちの手伝い君が、
田舎にいる家族に会いに、子供たちが夏休みの間に帰省したい、と希望しているから…。
年に1度か2度のことなので、希望を叶えてあげたい、と思っても…
手伝ってくれる人がいなければ…私としても如何ともしがたい…。

ところで、雇い主は 近くの警察署に手伝いさんを登録する義務がある。
勿論うちもしているが、する間がない人もいたりする…。
なんかなぁ…。
[PR]
by sapnabb | 2011-05-29 02:37 | ★インドよりメッセージ
<< インド女性のおしゃれ アーユルベーダーマッサージ 4 >>