アーユルベーダーマッサージ 4

行ってから体調と言うより、精神的に落ち着いてきたような気がしている。

私が今回通った所は本当の病院で、アユールベーダー科に行くまで、
内科・外科その他の患者さん達の間を通り抜けなければならない。
これが少し…気が重かった。

入り口を別にしてもらえたら、気分がどれほども違うだろう。

施術者のペアーは1週間単位で替わるそうだ。
私は最初から最後まで同じ人たちがしてくれたので 
他の人たちがどうするのか…知る機会がなかった。

この二人のうちの一人…ネパール人の施術者は
施術中、お弁当のおかず云々、ず~~とおしゃべりしっぱなし。
ついに お姑さんとの諍いの話では 泣き出すしまつ…。

彼女が立派なのは…多くの手伝いさん達は話をすると手が動かないが…
話し中も手を休めることがなかったこと。
私は半分寝ながら 結構面白く彼女の話を聞いていたが、
「静謐」とは程遠い時間であった。


実は1カ月ぐらいは続けて、効果を実感するつもりで始めたのだが、
驚いたことに!?
アユールベーダーマッサージもアビヤンガーも暑い時期にするのは適さないとか。
10月か11月には 1カ月のコースが始まるからその時にいらっしゃい!!と言われた。

掛かった費用は
1)初診料 400RS
2)1週間の施術費 4,300RS(これも「一般」だと料金が安いのでは、と思う)  
3)チップ 1,000RS*  
合計 5,700RS(約11,400円) 

*施術を終えると二人ともすぐ部屋を出てしまうのでチップを渡す機会が見つけられず、
最後の日にまとめて渡したが、たぶんここではチップは必要ないのだろうと感じた…。 
[PR]
by sapnabb | 2011-05-27 15:15 | ★インドよりメッセージ
<< インドお手伝いさん事情 アーユルベーダーマッサージ 3 >>