女性の活躍

(インドに行くなら日本人経営安心sapnaB&Bへ)



オートリキシャで移動中、運転手がガソリンスタンドに立ち寄った。
大急ぎの時、やっと捕まえたリキシャが走り出してすぐガソリンスタンドへ。
…今日の幸先に思いが及ぶ…。
待つことしばし。
給油している人を見て驚いた。
女の人だ!! そのガソリンスタンドは見る限り全員が女の人だった。

驚いて帰宅後にその話を手伝い君にすると、
5,6年?前から女の人がスタンドで働いているよ、と。
知らないものだなぁ!! と 自分の思い込みに 改めてまた驚いた。

銀行、病院、学校などで女性が働いているのは以前からよく見かけた。
仕事として道路を掃除したり、
意外に私は感じるのだが…
建設現場で土を運んでいるサリー姿の女性労働者は昔から印象深い。
ここ数年で、小売店や喫茶店などでも女性従業員を見るようになったが、
その多くは マニプール州の女性である…と思い込んでいたが…
これも違うのかもしれない…。

つい10年前?まで、北インドではたぶん…
女性は家族の男性のエスコートなしで一人では外出しなかった。できなかった!?
八百屋さんなどへの買い物も男性がするのが当たり前。
店先で女性の姿を見るのは稀だった。

今でも洋服屋さんでよく見かけるのは…
家族の女性の買い物に根気良く付き合っている夫、息子、兄弟達。
一家揃っての買い物は昔の名残だろう。

そう言えば、最近レストランで、女性だけのグループをよく見かける。
日本同様、夫が社員食堂で食べている時に、優雅なランチをお召し上がりと見える。
[PR]
by sapnabb | 2011-04-29 22:30 | ★インドよりメッセージ
<< ランちゃんの中学校 ⑧ 振舞い水 >>