どっちがセコイ (リライアンスのパイサ(お金))

(インドに行くなら日本人経営安心sapnaB&Bへ


近くに「リライアンス フレッシュ」と言う八百屋?スーパー?がある。
行くと不愉快な思いをするので行かないようにしているのだが、
時々広告に釣られ 出掛けては 腹を立てている。

商品の前に「特売」と書いてあるので、それをかごに入れてレジに。
並ぶことしばしで、会計をしてもらう。
レシートをチェックすると「特売」になってない。
その旨を言うと「それは特売じゃない」の一言で片づけられる!?

私は直接の経験がないが、手伝い君達が行くと、
「おつりがない」からとレシートに 次回○○ルピー払います、と書いて渡される。
次回持って行っても、その担当の人が今いない、と言い次回も次回も…
その多くは回収できない。
うちの一回最大の被害は、忘れもしない8ルピーだった。
5ルピーでバスに乗れ、チョコが買える国である。

ちょっと前…確かに昨年までは50「パイサ」のコインが流通していた。
100パイサで1ルピーになる。
最近は 商品の価格表示にパイサとあるが、実際にはコインが使えない。
で、合計の端数が、50パイサ以下だとお店の負担、
50パイサ以上だと消費者持ちとの不文律が出来上がっている。

ところがこのリライアンスは、気を付けていないと
50パイサ以下でもこちらに押し付けてくる。逆はなし。

毎日のこうしたお金は少額ながら大変な金額になるに違いない。

このリライアンスは 合弁を繰り返し急速に大きくなった会社で、
創始者の子供たちは二人とも其々米のフォーブス誌で
世界2位?6位?インド一の金持ちに選ばれているのである。

兄さんは、昨年 ボンベイに、自分達5人!!家族の為に
天に届くか…
50階?建て分に天井を高くするため27階建、
駐車場が6階分、エレベーターが9か所、
ヘリポートやプールが複数!!、スパや50席の映画館がある豪邸を建てた。
常駐のメイドが数百人???

こんな話を聞けば、
バベルの塔の煉瓦の一つは私の?とでも思いたくなるじゃありませんか。
[PR]
by sapnabb | 2011-04-20 21:11 | ★インドよりメッセージ
<< 振舞い水 掃除 >>