ランちゃんの中学校 ⑦

紺のズボンは小学生の時のものがはけるから、と
白のYシャツを買った(因みに小学生は「青」のYシャツだった)

さて、4月11日からいよいよ中学生、と張り切っていたランちゃん。

11日の朝になってから、
今日はヒンドゥーの祭りだから休みらしい?
明日もヒンドゥー教か、ジャイナ教かの祭りで休みで、
明後日は キリスト教? その次はアンベードカル*の祝日…
来週月曜から学校が始まるらしい?との「伝言ゲーム」をキャッチしたらしい。

先生が11日から、と言ったんだったら、
学校に行き、直接確かめてらっしゃい。序に学校の電話番号も訊いてらっしゃい。
…で、徒歩、片道約30分を出掛けたランちゃん。

大勢の生徒が教室にいたけど、先生は登場せず。
で、職員室(校長室?)に訊きに行くと、
他の新入生の手続き中だから、今日は授業はなし、とのことだったそうな。

授業状況は小学校とあまり変わらない様子。

が…違いが ひ・と・つ…。

ランちゃんは見た!!って。
カ・ツ・ア・ゲ!?

高校3年生くらいの上級生が
新入生のポケットを探り、ありったけ? 1ルピー、2ルピーをとっていた って。
それを先生は黙認していたって。

やっぱり噂通り荒廃しているのかな???



*アンべードカル(1891~1956) 政治家。思想家。

マッディヤ プラデッシュ州。アウトカースト(不可触民)出身。
教育熱心な父親と理解あるマハラジャーの援助で大学を卒業後米英に留学。
インド憲法の父と呼ばれ、憲法に指定カースト/部族保護を導入。
又、不可触民制の源はヒンドゥー教にあるとし、
アウトカーストの人々に仏教への改宗を勧めた。
亡くなる2か月前に改宗し仏教徒となる。
(「世界の歴史と文化」 インド 辛島 昇 監修 より)
[PR]
by sapnabb | 2011-04-13 01:52 | ★インドよりメッセージ
<< 掃除 花どろぼう >>