ランちゃんは 自分のお金で塾に行く決心をした。
今回の卒業試験で己の実力のほどを再確認したのかな?

ランちゃんの見つけた塾の下見に行ってきた…

話は少し逸れるが…
今、南デリーと言われるこの辺りは 2,30年前までは農村だった。
デリーが急速に拡大し、新興住宅地となった。
だから、村の側に大きな住宅地(コロニー)がある所が多い。

私が住んでいる所も同様で、向かいには昔ながらの村がある。

ランちゃんの見つけた塾はその村中にある。
当然中産階級の子弟が行く所ではなく、労働者階級の子供の為の塾?である。

…余談だが、中産の為の「クモン」がここの側にある。
そう、あの「公文」だ。
看板によると、英語と数学のみを教えているようだ。

さて、ランちゃんのは…塾とは称してはいるものの…
本人にどのくらいの学歴があるのか、教授力???があるのか、不明???

仕事の片手間に、自宅の片隅で教えている?感じ。
1日2時間(なん教科でもok)で、月謝が僅か500rs(千円)

ランちゃんの行っていた小学校もそうだったが、
この塾も基礎が出来ている子、
勉強の仕方が分かっている子には有効???かもしれないが???

まぁ、ランちゃんが決めたこと。
見守るしかない…か…。
[PR]
by sapnabb | 2011-03-30 17:45 | ★インドよりメッセージ
<< ランちゃんの中学 ⑤ ランちゃんの中学 ④ >>