事故

寒の戻りか…暖かくなっていたのに、またフリースが欲しくなってきています。

今朝の散歩の時
モノのぶつかる音と同時に女の人の悲鳴…
で…見ると…
駐車している車の脇を他の車が通過していくところでした。

たぶん…道脇に車を止め、
車道側から降りようと、ドアを開け、足を下ろしたところに
他の車が来て、開いたドアにぶつかり、閉まり、足を挟まれたのでは?

反対側のドアから既に同乗者が降りていて
ぶつけてきた車を呼びとめようと声をかけましたが、行ってしまいました。
同乗者は、相手のナンバープレイを控えるでもなく、見送っていました。

たぶん…朝なので同じコロニーの人。
言うなればご近所さん。
しかも…たぶん…運転者は運転手ではなく、そこそこの教育を受けた住人?

が…するんですねぇ…こういうこと…。
逃げちゃうんだよねぇ。

私も道脇で立っている時に、
走ってきた車が私の右足の上を通過したことがあります。
大悲鳴を上げたので、町中でもあり、人が大勢集まりました。

その車は止まり、運転者が降りてきました。
彼はたぶん小型車が買えるほどの中産の人?

で、私を病院に連れて行く、と。
で、車をUターンさせて来るから、と。

皆の見守る中、そのまま逃げちゃいました。

あるんですよ…この手の話…。
逃げちゃうんだよねぇ。

その時、おばさんは痛さと悔しさで文字どうり泣き寝入り…しました。
[PR]
by sapnabb | 2011-02-24 14:43 | ★インドよりメッセージ
<< 手仕事 電話代のその後 >>