ランちゃんの苦悩 ②

家を壊され住むところがなくなる恐怖でお母さんは泣きます。
毎日、兄弟が来てランちゃんの父親と喧嘩ばかりしています。
きっと生きた心地がしなかったことでしょう。

そこでランちゃんがなにを考え、
お母さんをどのように励まし慰めたのか。

私が子供だった頃、10円が全てだった頃、
親のお金を無尽蔵に感じていたように、
ランちゃんにしたら、私は大金持ちにみえるのかもしれません。
ちょっと頼めばホイと出てくる…と思ったんでしょうか?

それとも家族の現状をみかねてのことだったんでしょうか?

それとも
私にとって1千万円が数字以上の実感のないお金のように、
ランちゃんにもそれがどのくらいのお金なのか、
想像がつかなかったのかもしれません。

お金を貸して、とランちゃん。
それを借りたら一生うちで働かなくちゃならないんだよ。
と言うと…
驚きでランちゃんの顔色が変わりました。

お父さんは ピタ ジー
お母さんは マタ ジー

お母さんのことは マー って呼ぶのかな。

「母」以外に「光」も「女神さま」も マー です。
 
[PR]
by sapnabb | 2011-02-18 21:39 | ★インドよりメッセージ
<< ランちゃんの苦悩 ③ ランちゃんの苦悩 ① >>