有難う

インドの人は「有難う」を言わない。
ヒンディ語に「有難う」の言葉はないのかな…と思っていたが…チャンとある。

ランちゃんに聞いて驚いた!!
なんでって…ランちゃんは うちに来るまで、
村では一度もこの言葉を聞いたことがない!! そうだ。
新しい手伝い君も知らなかったこの言葉はヒンディ語で「ダンヤワード」と言う。

インド人に言わせると…
人に何かいいことをすることは 天に「徳を積む」ことである。
が、してもらった人が「有難う」を言えば、
した人の「徳」はなくなってしまう…と…言うことらしい。

私は「有難う」は人間関係の「潤滑油」と思っている。
で、ランちゃん達にも
人に何かしてもらったら「有難う」を言うように、と言っているのだが…

確かにお礼のいいようがないほどの感謝の気持ちの「有難う」と
物をちょっと持ってもらっての「有難う」が同じなのは…偽善?

たとえば人との永遠の別れに流す「涙」と
テレビを見ての「涙」が同じなのは…後ろめたい?

ランちゃん達は「有難う」を言う度に、大切な何かを失っているのだろうか???
[PR]
by sapnabb | 2011-02-12 20:19 | ★インドよりメッセージ
<< 昨日 と 明日 プロとは…  >>