ランちゃんの学校

この3月に最終学年を卒業予定のランちゃんは
そろそろ「ちゃん」が似合わなくなってきています。
私を「このくそ婆」と目で言っています。
16歳?の反抗期!?

学校に視察の人たちが来るから、
制服を綺麗にすること。
頭もちゃんとカットして来ること。と言われたから、
床屋代15ルピー(30円)くれ、と。

その翌日には 
先生が新しいノートを買うように言ってるから15ルピーくれ、と。
そのノートに先生は
ページごとに違う日付を書きつけ、問題を書きこみ、
すぐに問題を解き、チェックを受けるように言ったそうです。

その上、視察の折に答えれるよう、暗記しておくように、とも。

それから3、4日、就寝前に音読するランちゃんの声が響き渡っていました。

先生も生徒も1年を1日で成す?

インドには沢山の「絵に描いた餅」がありますが、
公立校の教育はそれの最たるもののように感じています。

床屋はヒンディ語で「ナーイ」
ノートは「コピー」
[PR]
by sapnabb | 2011-02-02 22:20 | ★インドよりメッセージ
<< 菜の花や… インフラ・ガス >>