インフラ・ガス

都市ガスの配管がここまで来ていますの印を
このすぐ近くで発見したのはもう4,5年以上前になるでしょうか。
なのに、いまだに都市ガスを引いているとの噂を聞きません。

うちは…ガス台はプロパンガス。
シャワーは「電気」と「ガス」を使用しています。

さて、このプロパンガス。
1回配給を受けると20日後でなければ再配給を受けることが出来ません。
ガスは重量で表示され 1本は容器ともで約32キロが平均です。
夏はお湯を沸かす必要もないほどの「熱湯」が水道から出ますから、
2か月で3本の配給で充分間に合いますが…冬は手を切るような水です。
おのずと使用量は膨らみ、足りない分は「闇」で買うことになります。

1本345RS (約700円)のガスボンベを
今日はなんと700RS(1,400円)で購入しました。

うちはガス会社3社と契約しています。
その3社ともが 「元」からの配給がないので、配達する事が出来ない、と。
何時配給があるか、何時配達できるかわからない、と。

需要に供給がついていってないのでしょうか?
それとも実際は供給があるにもかかわらず、
インドシステム?の途中で消えている?

で、とにかく700RS、倍になってしまうのです。

システムキッチンやジャグジーが備えられている家のある一方でのこの現実。
インド人はどう感じているんでしょうか?

ガスはヒンディ語でも「ガス」
電気は「ビジュリー」
[PR]
by sapnabb | 2011-02-02 21:14 | ★インドよりメッセージ
<< ランちゃんの学校 タクシー ② >>