インドの動物事情 犬 ①

インド・デリーでのお泊りは日本人経営で安心の宿・サプナへ

d0068551_1322619.jpgデリーに来たら
野良犬を見たら
彼らの右耳を確かめて下さい。
実に多くの犬の「右耳の端」が切られています。
「去勢済」の印。

4,5年前に「犬狩り」を驚きとともに眺めていたら、
「去勢後にここに戻すんだよ」と言われました。
本当???

その後気を付けて見いると、
確かに少なくても私の住む地域の90%近くの犬の右耳が切られているような気がします。

それでもこの季節になると子犬を見かけます。
が、以前に比べると驚くほど少なくなってきています。

子供達は子犬が大好き。
首に綱を付け、自慢げに引っ張って歩いています。
牛乳を持って来て飲ませています。
が、大きくなると…彼らの手に余って来るのかな?

又、子犬はガードマンの友達でもあります。
彼らは餌を与え、長い寂しい夜を子犬を友に過ごします。
少し大きくなると…放し飼い?になりますが、
犬はそば近く住み、ガードマンに侵入者を知らせます。

だから子犬達は大きくなることが出来るんですね。

ガードマンはヒンディ語で チョキダール
犬は クッタ
子犬は チョター(小さな)クッタ
野良犬は デェシィ(地域の)クッタ
[PR]
by sapnabb | 2011-01-31 01:15 | ★インドよりメッセージ
<< インド動物事情 犬 ② インドの動物事情 ネズミ >>