デリーの朝

朝一番早いのは「パン屋」のおじおさん…の歌はヨーロッパの朝?
日本だったら…その昔だったら、「お豆腐屋」さん?

デリーのこのあたりでは、花屋さん。次が果物屋さん。新聞屋さん、そして八百屋さんの順かな。

花屋さんと果物屋さんが早いのは、
ヒンデュー教徒は 神様に祈りをささげることから1日を始めるからです。

花屋さんは各家の門柱にマリーゴールドのレイを掛けて行きます。

リヤカーを引いた果物売りは、果物の名を連呼して歩きます。

早朝にはお坊さんの姿もよく見かけます。
朝の祈りの時に、毎朝、お坊さんを呼ぶ家が数にしてどのくらいなのか、想像もつきませんが・・・
思いめぐらすと、あの家にもこの家にも入っていくお坊さんの姿を見ます。

うろ覚えですが、
日本で、仏様に花と線香、果物やお菓子をささげるのは 仏教の伝来とともにインドから伝わった風習、
と聞いたことがあります。
新聞配達が遅いのは、インド人の朝が遅いからかな…?
新聞を配達すると言うより、弾みをつけて投げ込んでいきます。
二階、三階の家はそこのベランダ目がけて投げるので、
窓ガラスとかに当たりとても大きな音がします。

d0068551_18391777.jpg
うちは一階で前に庭があります。
そこに表から新聞を投げるので、植木がみな倒れ、折れてしまいます。
酷いじゃない!!と文句。
やっと玄関先に投げてくれるようになりました。が、
雨の日もお構いなしなので、時々新聞がぬれ鼠。
[PR]
by sapnabb | 2010-08-15 15:23 | ★インドよりメッセージ
<< 本当かな!? 郵便局 ランちゃんの事件簿(携帯電話) >>